2015年03月17日

拉致監禁からの解放!! 二ヵ月の拘束を経て、東京の青年 《統一教会員に対する拉致監禁・強制棄教》



SwitzerlandMay2011.jpg


『全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会』のHPに
以下のような記事がありました。


杉並教会の教会員A・Tさん(32歳、男性)が、
今年の1月1日、神奈川県秦野市の実家に帰省したきり、失踪しました。

この兄弟は今年の1月に家庭修に参加し、
2月には家庭出発する予定だったそうで、
まさに家庭をもつ直前に失踪したのです。

婚約者さんはじめ、関係者が無事の生還を祈る中、
失踪して2ヶ月経った3月7日に無事に教会に生還したのです!

A・Tさんは、実家から所沢市内のマンションに移動するときに
見知らぬ男2名を含めた7名で囲まれ、
両腕を掴まれて、携帯電話を取りに行く
余裕さえなかったというのですから、
本人の意思に反して「拉致」されたことが分かります。
また、マンションでの2ヶ月間、
脱会説得者(反対牧師)は
姿を見せなかったそうですが、
お父さんが誰かに電話で報告していたことから、
第三者の存在を見て取れます。

おそらく眠れぬほど心配していた婚約者さんも、
ひとまずほっとされたことでしょう。
A・Tさんに近い方々は、是非ご本人の心のケアーと
ご家族との関係回復に気を配って頂きたいです。


ご存知の方も多いと思いますが、
昨年2014年の正月に千葉県の実家に帰省したきり失踪した兄弟が、
いまだに全く連絡が取れない状況です。
その兄弟とは、八王子教会に所属していた
石橋正人(いしばし まさと)さん(27歳)です。

2014年3月5日、『全国 拉致監禁・強制改宗被害者の会』は、
石橋さんの失踪事件について、人権NGO「国境なき人権」が
ニューズレターで配信した記事を掲載しています。
http://kidnapping.jp/news/20140305.html

この記事によると、来日した「国境なき人権」の代表団
(ウイリー・フォートレ代表他数名)が、
石橋さんの件で2014年2月18日に所轄の千葉県警の警察官と面会し、
警察に対して石橋さんが監禁されていると思われる場所を
訪問して両親と会うか、少なくとも事情聴取のために
彼らを呼び出すべきであると要請したそうですが、
警察は代表団が東京にいる間に
彼を助けるためにいかなる行動をとることも拒否したそうです。

また、2014年7月31日付のサイト
「統一教会 拉致監禁 人権侵害 宗教の自由 英語記事の日本語訳」を見ると、
石橋さんの捜索の件で、教会関係者と
かなり激しい突っ込んだやり取りがあったようです。
http://humanrightslink.seesaa.net/article/402272459.html

さて、拉致監禁されると、半年以内には脱会届等、
本人からの書簡が届くことがほとんどですが(偽装脱会の場合も含め)、
石橋さんの場合、失踪から1年2ヶ月経過しても、未だ何の書簡も届いておらず、
何の連絡もなく、実家にも両親共に戻っていないとすると、
石橋さんは今もどこかで監禁されており、
家族や脱会説得者と緊張状態にある可能性が大きいと言えます。

今回、生還した兄弟も
「婚約者や他の教会員が、自分の安全ため祈ってくれていることが感じられ、
それが大きな力となった」
と証言しているそうです。

1年2ヶ月にも亘って、違法行為に晒されながら
孤独な闘いを強いられているであろう石橋正人さんが、
何とか信仰を全うし監禁から解放され無事生還できるよう、
私たちも意識を向けて祈りの協助をしていきたいと思います。

ご協力をお願いいたします。


また、後藤徹さんの最高裁の件ですが、
最高裁の場合、一般的に上告を受理して口頭弁論が行われ
判決が変わる可能性は極めて低く(1〜2%)、
ほとんど「上告棄却」すなわち門前払いになり
裁判が確定するということです。

早ければ、4月末頃に結果が出るということですが、
こちらも、裁判が確定するまで、
引き続き祈りを捧げていきたいと思います。

皆様の協助を宜しくお願いいたします。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック