2015年04月27日

お母様、ヨーロッパ巡回へ! 私たちも、一歩を踏み出そう!!



200607Euope PeaceTV2015April25.jpg


皆さんが変わらなければならないでしょう?

神様のみ旨を実体的に成して差し上げるべき、
とても誇らしい人であることを
一時でも忘れてはいけません。




PeaceTVの週刊ブリーフィング最新号に
お母様がヨーロッパ巡回をされることが
紹介されています。


1965年、真の父母様がヨーロッパ16カ国に19の聖地を策定されてから、
今年でヨーロッパ宣教50周年を迎え、真のお母様はこれを記念し、
ヨーロッパを訪問して食口を激励し、国連で特別講演をなさるため、
準備しておられます。

真の父母様は1965年以降、1969年、ドイツでの8双の祝福を皮切りに、
1978年にはイギリスで118双の祝福をされるなど、摂理が急発展し、
20回以上にわたり訪問され、共産主義の終焉宣言と、
冷戦終結のために先駆けとなられ、大きな祝福と恵みのみ言を下さいました。



真のお母様のみ言

世の中はわかりませんが、私たちは神様に直接侍り、
真の父母様に侍り祝福を受けました。

しかし、そこで留まってはいけません。
これからは繁殖させていかなければなりません。

私たちは、真のオリーブの木の価値を
世の中に見せてあげなければなりません。
世の中が真のオリーブの木を見れば、
皆そのようになりたがるでしょう。

ですから、皆さんは真の父母様を誇り、
皆さんを誇らなければなりません。
皆さんを知らせるべきです。
私が誰かということを知らせなければなりません。

真の父母様の似姿となり、
み旨を実践する人生を生きるべきですが、
このみ言がそのような人生を生きることが
できるようにしてくれる教科書です。
指針書です。

祝福家庭は氏族的メシヤの使命を皆果たすべきです。



これからは皆さんが変わらなければならないでしょう?
皆さんは、神様のみ旨、
神様の創造理想を実体的に成して差し上げるべき、
人々とは違う、とても誇らしい人であることを
一時でも忘れてはいけません。

私たちは幸せな時代に生きている、
幸せな人々であることを、
日々、このみ言を訓読しながら
生活しなくてはいけません。



真のお母様は文善進世界会長と共に5月9日、
オーストリアのウィーン大会を皮切りに、
14日、ドイツ・フランクフルト、16日、イギリス・ロンドンで食口特別集会を主管され、
11日には、オーストリア・ウィーンの国連事務局での特別講演を通して、
ヨーロッパと全世界にメッセージをお伝えになる予定です。
食口の皆さんの多くの精誠をお願いいたします。




お母様は、お父様の代身の立場で
かつても世界巡回の一環で訪欧されていますが、
今回また、お父様が精誠を尽くしていかれた
ヨーロッパを巡回されます。
お父様がご存命ならば、今回もヨーロッパに行かれたでしょう。
ですから、お父様がともにおられる中で
今回のような歩みをしていかれるのだと思います。

また、紹介したお母様のみ言は、
2006年7月2日マルタ大会祝勝会と
3日のポーランド大会祝勝会で語られたみ言です。

最近語られている内容をほとんど変わらないと
皆さんも感じられると思います。

お母様は氏族メシヤの勝利を願われておられます。


先日、徳野会長が語っておられました。

「千里の道も一歩からです。
私たちはALL or Nothing
すなわち、430双なんて勝利するのは難しい、
だから無理だと、何もしないで過ごしがちです。
しかし、one by one
まず一人、一人の人を導く
Step by Step
まず一歩です。そこから出発しましょう」


そのような心情を持って、取り組んでいきたいと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック