2015年06月01日

(証し) 私は必ず生まれ変わる! 一日も休まず歩む中での精誠の実り



10178154_907578615969954_1403526976394281070_n.jpg


お父様はここにおられます。
幸せな心情で、皆さんを見ておられます。

そして、祝福の責任を成就すること、
天の父母様を中心として共に一つの世界を
実現することを願っておられます。


お母様のみ言 5.30



昨日(現地時間では一昨日)のピースパレスにおける
記念礼拝を通して、
御父母様の願いは、祝福、そして伝道であると
さらに強く感じました。

今日はある教会の
CIG(天一国)復興団員の方の証しを紹介します。


私の所属する教会(開拓教会)では
今、CIG復興団員は私一人ですが、
教会長、婦人代表、総務部長と共に、
まだまだ発展途上ではありますが、
新規の対象者を教会に迎えながらと伝道は進んでいます。

私がCIG復興団のメンバーとして活動を始めたのは、
真のお父様の聖和がきっかけでした。

「祝福家庭の私がこのままではいけない。私は必ず生まれ変わります」
と天の前に誓い、具体的にどうしたら良いか祈っていた時に、
真のお母様の許しの中で日本にCIG復興団が結成され、
生まれ変わったならやるしかないと決意しました。

CIG出発当時、二人のメンバーで活動していたのですが
今は一人になりました。
しかし、どのような環境でも
聖和された真のお父様に誓った決意を思い起こし、
体は疲れていてもCIGの活動は
今日まで一日も休まず続けています。

そんな中で、真のお父様の自叙伝のみ言書写会員の対象者が
40人、70人、80人、90人となり、
訪問受講の家庭と合わせて100家庭となった基盤の上に、
教会にみ言を学びに来られる伝道対象者が増えてきました。

今その方達が、教会教育部の第一期生として、
祝福に向けて、み言を学んでいます。
そして、次の二期生も既にケアしていますので、
開拓してきた基盤の上に、更に意識の高い方達、
時の人と出会えるよう、精誠を続けていこうと思います。

真のお母様は、真のお父様の立てられた条件の上に、
実体の天一国を創りあげる責任を持たれているように、
相対に立つ私たち祝福家庭も実体の天一国生活を目指し、
周囲に連結していく責任がありますから、
今の自分自身をふり返れば、体も弱く、子女を授かることも無く、
何も無い家庭ですが、夫の全面的な支えで、
夫婦二人三脚のCIG家庭です。

ですから、これからではありますが、
必ず真の家庭を創り、周囲に祝福を連結し、
神氏族メシヤの勝利を成して、真の父母様にご報告できるまで、
地上に一人立たれ、責任を持たれている
真のお母様と一つとなって進んでまいります。



この方は、毎日、継続して歩まれています。
そんな精誠の積み重ねによって、
書写会員が100家庭になったといいます。

前線で歩むのはたった一人。
それでも、毎日歩むというのは、
本当に決意しないとできないことだと思います。

こんな姿に天は感動し、
多くの祝福を与えてくださるに違いありません。

お父様の聖和3周年(8/30)に向けて、
そして、2020年に向けて、
お母様も昨日のみ言でも語られていたように、
「真の父母様を堂々と証しする」
そんな決意を固めて、まい進していきます。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック