2015年06月12日

聖和家庭は最強!! 「霊界がこんなにいい所とは、知らなかった!」 あの世との交流ができる?! 



10430911_431461813670889_802453453264186440_n.jpg


大切な家族を亡くした方たちは、
天国を一歩先に歩いているのです。



昨日は3年前に亡くされた知人の奥様の
聖和3周年追慕礼拝に、夫婦で参加させていただきました。

6000双の先輩家庭ですが、
奥様はまだ60歳にもならないうちに
ご病気で聖和されたのでした。

この方は、奥様を愛する心情にあふれておられ、
奥様の生前も公私共に認めるおしどり夫婦でした。

聖和される前、奥様は失語症になりました。
ご自分の思いを声にも文字にもできなくなってしまいましたが、
こちらの話す言葉は理解しているような反応があったといいます。

奥様の表情や反応を通して、思いを悟りながら会話していく、
そのような日々があったということです。

「そんなことも訓練になったんでしょうか」
と、お話しされていましたが、
聖和されたあと、
酒井達夫先生の「聖和者と交流する工夫」を読み返し、
「霊界に行ってしまった妻と交流したい!」
そのような時、奥様が語りかけている感じがしました。

「霊界がこんなにいいところとは、知らなかった・・・」

「えっ?まさか、あなたなの?」
声ではなく、姿でもなく、
そのような思いが来ただけだったので、
思い込みのような気もしました。
しかし、その次に、また語り掛けられました。

「あなたは、私の自慢の夫よ」

「こんな表現は、私の思いからは出てこない。
これは明らかに妻が私に語りかけているんだ」
そうやって、霊界におられる奥様との交流が始まりました。


追慕礼拝でこの方が語られたメッセージで
印象に残ったのは次の二つです。

「妻を思い、慕わしい思いを持つと、同時に、
神様と父母様を慕い、愛する思いが溢れてくる」

「妻に先立たれた夫が、
目の欲求を克服すれば
最強の祝福家庭である」

奥様は、神様、父母様を愛し、
み旨を愛する素晴らしい方だということ。
霊界から、神様、父母様と一つになった奥様が
協助するのですから、最強にならざるをえませんね。

実際、ご主人は、多くの功労を立てられているということです。

奥様は、み旨を愛し、伝道を頑張られる方だということ。
共に、伝道したい、と強く思わされましたので、
これから時々、奥様をお誘いしたいと思います。


「実体で妻と授受できないことほど、
つらく、さびしいことはない。
しかし、いつ妻からメッセージが来るか、
どんな内容なのか、
それを感じることができることが楽しい」
そんな風に表現されていました。

霊界の存在があるということ。
そして、夫婦は永遠に天国で生活できるということ。
それは、どれほど素晴らしいことでしょうか。

しかし、いずれ確実に、夫婦のどちらかが先に霊界に行き、
残った者は地上で生活するのです。
霊界があると分かっている私たちですが、
霊界からのメッセージを聞くことは
訓練されているわけではありません。

確かに霊的に存在していると分かっていても、
肉身をもつ身というのは、
試練も大きいでしょう。

「目の欲求」
これは男性のとって共通の『課題』のような気もします。
そういう意味でも、平均すると女性の寿命が長いように
神様が設定しているのかも知れませんが。。。

「霊界と地上界で交流するためには、
今、地上で溶け合うように愛し合って欲しい」
そんな風にも語られていました。

実は、このご家庭と会うのは今回が初めてでした。
奥様には生前に面識がなく、
御主人とは、SNSやメールを通じてのお付き合いを、
ここ2年ほどさせて頂いていました。
それでありながら、初めて会うとは感じない、まるで懐かしい人に
久し振りに会ったかのような昨日の出会いであり、
まさしく霊界が導いてできたご縁だったと感じました。

昨日は多くの恵みを受けました。
真のお父様のおられる霊界は、今大変なことになっている、
そんなとても大きなパワーを感じました。

このような祝福結婚の素晴らしさを
多くの人たちに伝えていきたいですし、
また、いずれ霊界と地上界で交流する時のために、
夫婦の愛の交流が本当に必要だ、
そんなことを感じた昨日の追慕礼拝でした。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
非表示にしていただければ幸いです。
米国に活動している食口です。先月4月に相対者が聖和しました。まだ、50でした。こちら米国では、まだまだ、若い家庭が多いため、聖和者の集いは限らています(もちろんありますが)。また、英語で深い心情を語るのは難しいものがあります。信仰がなければ、きっと、慰めで”女性を買いに行っていたでしょう”。聖和の雑誌も取り寄せて読まさせていただきました。証として聖和に載るくらいですから、いい証しか存在してないなと感じています。経験してみないと全く理解できないですね。ご父母様がご子女様を亡くされても、涙も流せない、み旨も後退できない、とんでもない心情を通過されておらたのが、よくわかります。今は、まだ、この地上世界に対してすべての関心を失ってしまっていますので、御言葉が何も入ってこない状態です。ただ、生きているだけの状態ですね。勝利してこられた先輩聖和者家庭のようになれるのだろうかと恐怖しかないのが現状ですね。先日、北朝鮮が核実験を強行していたら、戦争になっていたかもしれませんが、強行してくれたらなんてことも考えてしまっているくらいです。くだらないコメント、すみませんでした。日本の聖和者家庭の集いにいつかは参加してみたいですね。
Posted by いっこ at 2017年05月17日 04:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック