2015年07月06日

新しい人たちが次々に礼拝に! 私たちの教会に何が起こっているのか?! 



sudo.jpg


私の所属している教会での、伝道の証しです。


私たちの教会では路傍演説を中心とした
路傍伝道をメインに活動していますが、
最近では、「礼拝に行きませんか?」
そのようにして、礼拝を直接紹介しています。

昨日の日曜礼拝においては、
ここ2ヶ月の間に、路傍で出会った方が
5名来てくださいました。

しかも、先月の日曜日に
一日だけで、3名の方が教会に来られ、
その方たちがみんな礼拝に来られたのです。

そのうち、一人の婦人は、声をかけて
ほんの10分くらいで、教会に来られました。
この方は、いろいろな宗教団体の方が訪問に来られたら、
ほとんどのところには訪ねていくそうです。

あるキリスト教会の礼拝にも参加したそうですが、
その時は、聖書の解釈の話でとても難しかったとのこと。
しかし、今回参加されて、
「教会長さんのお話はとてもわかりやすくて、
生活に役立つことができそうなのでありがたい」
そのように言われていました。
もう3回、毎週礼拝に来られていますが、
先日、みんなでカレーを食べたときには、
3杯もお替りしていました!
80歳のご婦人なのです。。。

また、別の青年は、仕事を解雇され、
人間関係に傷つき、落ち込んでしまい、
アパートを引き払って、全財産が
百数十円という状況の中、
「もう人生辞めようかな・・・」
そんなことを思っていたら、
うちのメンバーに声をかけられました。
教会に行くときには、うつむき加減で表情も暗く、
「大丈夫かな・・・」と思うような状況でしたが、
婦人が食事を作ってあげたり、
洋服も持ってきてくれたり
必死に面倒を見る中で、
また、原理にも相対していきながら、
どんどん表情がよくなっていきました。
無事に就職も決まり、遠方での仕事なのですが、
週末には、み言の勉強と礼拝に参加しています。

礼拝自体も、敬拝を始め、家庭盟誓とか、
今まで通り韓国語で行っているし、
また、説教でも教会長は伝道の話をされますが、
それでも皆さん、喜んで来られています。



この証しを聞いて本部の講師は、次のように語られていました。

「ここの教会に何の実力があるでしょうか。
実力ではなくて、霊界の協助によって
このような証しが出ているのです。

教会長はよく言われます。
『私が変わった、食口が変わった
教会が変わった』
こういう雰囲気の中で、出会いがあると思います」

外部伝道の前に内部伝道、
そしてさらにその前に自己伝道です。
『私』が変わることが何よりも重要なのです。

そのためにも路傍で堂々と
神様・真の父母様を宣布すること、
そのことによって、自分自身がサタン分立され、
み旨に対して、前向きになっていける
そうして、日々感謝していくことができます。

私たちが路傍演説を通して、真の父母を証し、
教会を証して、み言を語っていくことを通して、
誰が聞いていなくても、霊界が聞いていて
また神様が共にあって喜んでくださっていると思います。

だから、霊界が動き、
神様が働くのでしょう。

そして、聞いていないようでも
聞いている人たちがいて、教会までの道のりを
霊人たちが花道を作ってくれているように
即動していくことができたり、
吸い寄せられるように、
教会に、礼拝に、新しい人たちが来られ、
また古い人たちも刺激を受けています。

まず、自己伝道、
これからもさらに頑張っていきたいと思います。


10501676_1517922971770885_486641226965252393_n.jpg



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック