2015年07月13日

小さな巨人?! 小さな日本統一教会が、大木になる日が来る! 《周藤先生の証し》



sudo.jpg


ここには本当の生命がある。
今は小さくとも
生命があれば必ず大きくなる。
この生命が
今にすべてを乗り越えて昇華して、
いずれもっと大木になる



つい引き込まれてしまう
周藤先生が入教された頃の証し、続編です。

無神論者だった周藤先生がクリスチャンとなり、
路傍演説していた長谷川ママの情熱に打たれ教会を訪ね、
松本ママから講義を受け、
再臨を知ったところまでの証しを、以前紹介しました。

再臨のメシヤが来られていると知って
嬉しくて月夜の晩、涙を流しながら帰ったこと、
ここに最終的な解決の道があり、何をおいてもこの道を行くと
決意したという証しでした。
その後のエピソードです。


その後、伝道のために京都に出かけている女性が
大阪に戻ってきました。
その時、松本ママに聞けない質問をしてみました。

「松本ママの話されている内容は、
再臨のことですよね?」
「そうです」
「その方は、どなたですか?」
すると彼女はすぐさま答えました。
「そんなこと言えません」
ビシッと切られてしまいました。
実は、その女性がのちほど、私の妻になりました(笑)


そのあと、東京に行きました。
杉並区馬橋(現:高円寺北)の寮に行き、
西川先生の講義を聞きました。
本当に素晴らしかったです。

「この人が再臨主なのかな?
いやそこまでの人ではないかな。。。」
そして、西川先生に再臨主を証されたのです。

講義を聴いたあと、涙の日々でした。
そして、大阪に帰り、決断したのです。
学校を辞め、生徒と別れて、献身の道へ行きました。


私はそのあと、講義をさせていただくことになりました。
と言っても、松本ママから聞いた原理と
西川先生から聞いた原理、これしかありません。
当時出ていた原理解説がとても平凡なものに思えてきました。
もちろん原理講論も発刊されていません。

講義をするうちに、自信がなくなってきました。
こんな講義で、神学者や科学者を説得できるのだろうか。
本当に悩んだ期間がありました。
こんな講義では、無理じゃないか、限界を感じていました。


そういう時、感銘して立ち直ったことがありました。

当時、開拓伝道が始まって先輩たちがいろいろの場所に出かけました。
その開拓地にスピーカーを買ってあげなければならない
という話になった時のことです。

その話の場には婦人が二、三人と、中学二・三年になる男の子がいました。
婦人たちは今持って来たお金を全部出しました。
男の子は三千円ほど持っていたのです。
それはきっと一生懸命に貯めたお金にちがいないのです。
それを全部出しました。

しかしそれに対して西川先生は“ありがとう”とも何とも言わないのです。
ただ一言「じゃあ、これでできるかな」と言っただけでした。
“ありがとう”の一言も言われなくても、その人たちは何とも思わないのです。

私はそれを見てまた素晴らしいと思いました。
それは『自分のためにやっているのではなく、天のためにやっているのだ』
だから西川先生個人としてはお礼を言うこともないし、
またそれを言われなくても何とも思わないのです。
この姿を見て、私は『ここは普通とは違うのだ』と思いました。

『ここには本当の生命がある。
今は小さくとも生命があれば必ず大きくなる。
既成宗教は大きくとも生命がない。
この生命が今にすべてを乗り越えて昇華して、
大木をも昇華して、いずれもっと大木になる』
ということを感じましたが、
そのことは間違いではなかったと、今でも思います。

時は移り、人は変わったけれど、
天のためにすべてを捧げて生きること、
己のことを顧みないで生きること、
そういうものが世界を貫く時に理想が達成されるということが、
二十年経った今、やはり正しかったのだということを感じます。



周藤先生が来られてから、55年くらい経っていると思います。
ほんのわずかなメンバーが
開拓伝道に行っては、基盤を作っている
そんな時期でした。

上の証しに出てきた中学生の親が、その後、
世田谷区北沢にある立体文化センターの土地を
貸してくださったそうです。

周藤先生は、初代キリスト教会のような、
無私の精神でために生きる心情で
生活をしている食口の姿に感動し、
講義に対しても、投入していかれました。
その後に、講義をされたのが、
久保木先生でした。

『私のような幼稚な原理講義に対しても、
驚くほどの純粋な心で受け止めていかれました。
久保木先生は立正佼成会で高い地位におられましたが、
幼子のようにほとんどすべてを受け入れたのです』


周藤先生は、そのように証しされています。

実際は、講義のベースが乏しいものだったかも知れませんが、
何よりも、周藤先生の熱い命の講義があって、
そのことで、久保木会長が活かされていったのだと思います。

そこから、立正佼成会の中心的立場の方などが、
周藤先生の講義を通して、教会に導かれていきました。

周藤先生の精神を相続して、
み言を語る者になっていきたいと思います。




応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ



周藤先生の証しはこちらの記事をどうぞ 
 善進様の聞かれた周藤先生の入教の証しとは?! 旧・新・成約、3段階の摂理で導かれる!
 (草創期の証し)はじめての「路傍演説!」 〜周藤先生の場合?!
 無神論者が、神様を信じるまで?! 《周藤先生の証し》
 再臨の香りのする不思議な教会! 周藤先生がこの道に来た理由(わけ)?!
 イースターにイエス様から啓示! その時、何語で話したか?! 《周藤先生の証し》




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック