2015年08月17日

《文妍娥様》 真の父母の心情が本当にわかったのは、お父様の聖和後?! 



10927511_825066924274139_5045843394890052836_o.jpg


真の父母様を「知れば」、
「信じる」必要がありません。

文妍娥様



孝進様の奥様、文妍娥(ムン ヨナ)様が、来日中です。
一昨日は新宿教会で、昨日の一勝日には
お孫様(孝進様のお子様)が参加された
成和ミュージックフェスティバルでみ言を語られました。

教会長がおととい(8/15)、国際祝福家庭の集会に参加されました。
昨日の礼拝のみ言で感想を話されていました。
印象に残っているところを少し編集して紹介します。


今回の集会の意義は、二つあると思います。
一つは、文妍娥様が、真のお母様の代身としてこられたということ。
もう一つは、ご長男の嫁として、真の家庭の代表として、
心情圏を連結させてくださったということです。

妍娥様が、孝進様と生活された期間は、
わずか9年間だったそうです。
その後お父様が聖和されるまで侍る生活をされました。
また、今も真のご家庭の一員として
お母様に間近に侍られています。

でも、10数年、目の前で侍ったにも関わらず、
父母様の全てがわかったわけではないと言います。
むしろ、その心情の世界がわかったのは、
お父様が聖和されたあとだったということです。

特にお父様の心情がわかるようになったのは、
お父様のみ言の訓読を通してだといいます。

お父様がいつどこで、どんな心情で語られたのか、
そのことを思いながら訓読すると
もっとお父様の心情に通じるというのです。

また孝進様が、妍娥様に対して、
語られたことがあったといいます。
それは、「自分の不足さを
自覚しなければならないよ」という言葉でした。

どんなに実績をあげたとしても、
それは、私の努力、私の勝利ではなく、
真の父母様ゆえに勝利であるということ、
そのことを自覚しないといけないのだと思います。



「私は妍娥様のハンドバッグを持ちたくないんです。
なぜかわかりますか。
お父様のみ言がたくさん入っていて重たいんです(笑)」

これは、李海玉サモニムの言葉です。

妍娥様は、いつでもどこでも
み言を常に訓読されておられるといいます。
朝の訓読の時間だけでなく、
お父様の心情を求めつつ、そのような生活を実践しておられます。

昨日、アメリカ在住の方と話したのですが、
こんなことを言っていました。

「イーストガーデンでお父様に侍りながら
食事を作っている姉妹がいました。
目の前でお父様はみ言を語っているのに、
食事を作るのが責任分担なので、
み言を聞くことができません。
そして、あとでファミリーに掲載されているみ言を見て、
『あぁ、あの時、こんな重要なみ言を語っていたんだ』
そのように気づくというんです」

なるほどな、と思いました。

そういう意味では、お父様に目の前で侍るという恩恵を
妍娥様は、たくさん受けていたと思うのですが、
それ以上に重要なのが、お父様のみ言に侍ることなのです。

すでに、霊界におられるお父様ではありますが、
お父様の心情に何よりも触れることができるのが、
訓読をする時間であることを思えば、
お父様がみ言を残してくださったことを感謝しつつ、
さらに精誠を込めて、訓読を捧げていきたいと思います。


ちなみに、平和を愛する天国人さんも参加されていたようです。
み言はもっと詳しく掲載されていますので、
↓ぜひ、読んでみてください。
http://true-love-family.at.webry.info/201508/article_16.html


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


11892157_825066927607472_807158524264142346_n.jpg


20150816seiwa music fes.jpg


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも私のとなりに神さまのブログオーナー様
お久しぶりです。

アボニムのご長男であられる故文孝進ニムの奥様のヨナニムを新宿教会にお迎えしました。
それは、2015年8月15日。
70年目の日本にとっては終戦記念日。
そして韓国にとっては日本の植民地支配から解放された光復節でした。

この70年の節目を迎える日に、日本の首都東京の新宿教会に、アボニムの直系の長子の奥様を迎えたことは、非常に意味あることです。しかも、その集いは、「国際祝福家庭の集い」でした。さまざまな国の祝福家庭も参加されていましたが、その中でも、怨讐関係を愛で包む日本人と韓国人の国際祝福家庭は、終戦記念日と光復節の日のメインゲストであったと思います。

いつも私のとなりに神さまのブログオーナー様

私も、1988年のソウルオリンピックの年の10月30日に、真の御父母様によって、韓国人の女性と祝福結婚をいただいた6500双です。当時、26歳だった世界平和活動に燃えた青年の私も、今は、息子娘3人を持つ53歳のいいお父さんになっています。神への信仰と世界平和実現のために、青春時代を真の御父母様と共に歩んだ日本の若き善男善女の約1万名が、6500双国際合同結婚式に参加したという事実を日本は忘れてはならないでしょう。

私たちの神への信仰とは、一体、何だったかと言うと、一言で言えば、万民を神様につなげ霊肉ともに救済する絶対善なる世界平和活動であると言えると思います。私は、19歳で統一教会に来て53歳になる34年間、そのことを一度も疑ったこともありません。すべての人に神様を伝えたいし、苦しみと悲しみにある方々を救いたいのです。

だから、統一教会の信仰者は、みんな、いい人です。
神様の前に頭を垂れて心からの涙を流した人は、善男善女です。
神様は、絶対にその涙を覚えてくださいます。

私たちの世代は、文孝進ニムと共に歩んだ世代です。
私個人では、孝進ニムより半年早く生まれていますので、イエス様の前にいた洗礼ヨハネのような立場だと思い、孝進ニムをお支えしたいと思っておりました。

私は、孝進ニムがワールドカープの世界会長になられてから、1985年の東京での第二回世界カープ大会では握手をしていただき、日本のカープへのメッセージを色紙に書いていただきもしました。私は、その時から文孝進会長がスピーチをされる度に涙目であられる姿を不思議に思っていました。1984年1月に弟の興進ニムが亡くなられことに対しての自責の念が強かったのだろうと思いました。その時は、孝進会長も22歳。弟の子女様も何人か来日されていて、すごい兄弟思いのお兄様だなと見ていて思いました。

翌年1986年の第三回世界カープ大会は、ニューヨーク。
私は取材チームにいましたので、文孝進会長の近くにいることが多かったです。
私は、心から慟哭される孝進ニムのお姿を痛いぐらい見つめていました。
3メートル以内の近くにいて、孝進ニムの両面からボトボトと流れ落ちる涙を何度となく見ましたし、そのお顔をじーっと見つめさせていただきました。だから、私は、孝進ニムの涙を疑うことはできません。あの涙は真実です。誰が何をどう言おうと、私自身が目撃証人であるし、神様は絶対に孝進ニムの心情を覚えてくださっていたと私は証言できます。

1987年には、当時まだ分断されていた西ドイツのベルリンにおいて、第四回の世界カープ大会が開催されました。長くなるので要点だけをのべますが、この時は、私はベルリンの壁の前で文孝進会長の壁の撤廃の思いを込めた迫力のある演説を聞き、演説後に舞台から降りて来られて、ベルリンの壁に手を当てて涙ながらの祈祷をされる時は、すぐ右隣において東西ドイツの平和統一に向けてのお祈りをさせていただく恵みに預からせていただきました。孝進会長は、アボニムのことを思い、アボニムへの愛の表現として、涙を流されているのだなと私は思いました。

孝進ニムの涙については、私は証人として、この目で実際見て、この全身をもって感じた孝進ニムの心情をお伝えできればと思います。

そして
2015年8月15日
孝進様の奥様であられるヨナ様がみ言をくださいました。
神様への信仰を持った者として、私たちは感動しました。
アボニムの思いと夢を継承されたオモニムとともに
世界平和へのビジョン2020へ向けて歩んで行こうと
心からの涙で語られるお姿に、
ここに神様は共におられると私は確信しました。

いつも私のとなりに神さまのブログオーナー様
もう、深夜の3時です。
うまく、お伝えし切れませんでしたが、
神さまへの信仰の真実の涙を
文孝進様とヨナ様の御夫婦の涙の中に見たことを
証しできればと思います。



ゴッド ブレス ユウ

FROM ちあき6500



Posted by ちあき6500 at 2015年08月18日 02:59
今頃でご免なさい。8/17のちあき6500さんのコメントを読み、有り難かったので、投稿させて頂きました。
孝進様の追悼集会の名称だったか、確か千葉ポートアリーナで、隣席の男性が熱心にファミリーを読んでいらして、その方が、前婦人著書を『3回読んで、大母様の偉大さがわかった』…に惹かれて、読んでみたら、どこまでがホントなの?とあまりにも衝撃が酷く、孝進様のみならずお母様に対しての不信感にもなり、いまだに傷になっています。読むんじゃなかったととても後悔しました。
だからこそ、本当の姿の証しに救われます。ありがとうございました♪
Posted by 熱血おばさん at 2015年08月23日 00:53
コメント載せて下さってありがとうございます☆♪
お二人が頑張って素晴らしいブログを続けて下さっているからこそ、ちあき6500さんが投稿して下さって、私は、両者からの愛に感動してます♪
Posted by 熱血おばさん at 2015年08月23日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック