2015年08月19日

故郷の墓前、涙をこの地にこぼしてはならない?! 「南北統一」は悲願!! 《お父様のみ言》



3moon_web_1920.jpg


母親として
私の事を不孝だと思わずに、
勝利の日を待っていてください。




先日、文妍雅様の証しを書きましたが、
教会長が、もう一つ語られていたことがありました。
それは、『真のお母様は、南北統一を
本当に真剣に取り組んでおられる』
ということでした。

お父様を慕い求めていながらも、
そのことを真剣に考えている人は、あまりいないでしょう。
でも、お母様はお父様の心情を良くご存知なのです。

北朝鮮を訪問された際、
生き別れたままだったご両親の墓前で
どのような心情で、祈祷を捧げられたお父様だったでしょうか。
それに関するみ言を紹介します。


「昨年、亡くなった母の墓前に立った時、
私は涙の吹き出すのを耐えたのです。
サタン世界において涙を見せる事はできないのです。
私は耐える事には慣れています。
訓練されています。
私は南北統一を成して『お母さん!』と言って、
面会しながら痛哭できるその日を待ち焦がれている男なのです。
これを成す前には死ぬ事はできません」
(1993.1.1)


「自分の親を目の前で追い出した事が先生は忘れられません。
北韓に行った時、息子を訪ねて痛哭しながらさまよった
その母親の墓の前で涙を流してはいけませんでした。

『お母さん、私が国を取り戻してから来て仕える事に決心しました。
その時来てお母さんに仕えます』と言いました。

多くの共産党の人たちが見る前で涙を流してはいけないのです。
姉、妹は痛哭しましたが、胸が引き裂かれても
我慢しなければなりませんでした。
あのような悲しみを抱いて、
あのような決意の行路を経てここまで来たのです」
(1994.11.3)


「悲惨な私の祈祷を、今回、北韓に行って父母の墓前でしました。
姉と妹が痛哭するのです。
『母親が恋しがっていた息子の何某が帰ってきた』と痛哭していますが、
そこにおいて息子の立場で、兄弟の立場で涙を流していいでしょうか? 
はらわたがよじれなければなりません。
しかし、涙を流してはならないのです。

私が果たすべき責任があり、その責任を果たすために来たのです。
その使命を完遂する前には、涙をこの地に流してはならないのです。

『そうしなければ、異国の地で死んで哀魂を残した
すべての霊たちの解放ができません。
私が解放され、ここに来て宴を開くとき、
その哀魂たちまでも解放しようと思うので、
母親として私の事を不孝だと思わずに、勝利の日を待っていてください』
と言ったのです。
ですから、解放を急いでいるのです」
(1997.1.2)



1991年12月、お父様は電撃的な北朝鮮訪問を成されました。
その時、ご両親の墓参りをする手はずが整えられました。
ご存知の方も多いと思いますが、とても綺麗で新しいお墓でしたから、
北朝鮮がこの時のために作ったのではないだろうか・・・
そんな雰囲気でした。

お姉さん・妹さんは号泣しました。
その時、お父様も泣きたかったに違いないのですが、
涙を見せることはありませんでした。

ここからは、推測ですが、真のお母様の前では、
ご心情を吐露されたに違いありません。
もしかしたら、寝室で号泣されたかも知れません。

自分の子供の前では、親としての全てを表わすことがないかも知れません。
しかし、お父様とお母様は50年間ともに生活されたのです。
同じ部屋、同じ寝室で、夜もずっとご一緒でした。
その時、子女様の前で話さないようなことを
お二人で話したことがなかったでしょうか。。。
きっとあったに違いないのです。

お父様とお母様の姿を見ていると、
アブラハムと妻サラの姿と重なります。
息子のイサクを献祭せざるを得ない時、
その思いを共有した二人でした。
その深刻な思いは二人にしかわかりません。

お父様とお母様にしかわからない世界があるのだと思います。
ですから、南北統一に対しても、
お父様の切実な思いを一番ご存知なのが、
真のお母様ですから、
現実的には本当に難しい問題かも知れませんが、
あえて、その問題を解決されるために
投入して歩まれる真のお母様であると感じるのです。。。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック