2015年09月28日

昨日は秋夕(チュソク)!! お父様、ゆっくりお休みください! 《お母様の祈祷(昨年)》



201409080815.jpg


お父様、記憶してくださいませ。
全世界の食口たちの心情を
受け止めてくださいませ。


昨日は、日本では十五夜。
夜はきれいな中秋の名月を眺めることができました。

韓国においては、秋夕(チュソク)節でした。
旧正月と同じくらいに代表的な名節(伝統的な祭日)として、
国民的休日でもあり、5日間も連休があるそうです。


お父様聖和以降、毎年秋夕には、真のお母様が
総解怨秋夕節を取り仕切られてきました。
きっと昨日も行われたことと思います。

昨年の本郷苑参拝式における
真のお母様の祈祷を紹介します。


お父様が抱いてくださることを感謝いたします。
願わくば、今やあなた様はお休みになって下さい。
これからは成熟した真の家庭となってあなたの前に、
人類の前に、より一層成長した真の家庭の子女としての
資格と姿を備えて大きく貢献しようという思いです。
お父様、記憶してくださいませ。
全世界の食口たちがこの場に向かう心情を
受け止めてくださいませ。
今日のこの日進行される全ての日程を、
お父様が喜んでお受けください。
あなたの願いを成して差し上げる
真の家庭の子女として信じて下さいませ。



「総解怨秋夕記念式」は、
今から15年前の2000年9月12日(旧暦8月15日)
真のお父様が開いてくださいました。

『絶対善霊と御言訓読家庭教会』のみ言によると
この「総解怨秋夕記念式」は、
アベル圏とカイン圏を代表した八人が、
各々二人ずつ東西南北に向かって立ち、聖酒をまきました。

それは、宇宙を聖別したのであり、
家庭連合(統一教会)全体を代表し、
霊界にいる全体の祝福家庭を代表した立場なのだそうです。

さらには、この式を通して、
東西南北、中央、縦的世界、どこでも次元の違う位置から、
自由自在にすべてのものを主管することのできる愛の統一天国に向かって、
全体のすべてが、同じ生命力をもった一つの方向と目的に向かって、
天の前に忠孝の道理を果たし得る道を開いてくださるものだということです。

さらには、霊界の壁が崩れていき、
霊人たちが互いに往来できる道が開かれ、
霊界解放式を宣布してくださることによって、
霊界の宗教圏に、とても大きな変化が起きたのだといいます。

霊人たちは、地上にいる時のように移動することが難しいので、
このお父様の宣布は、霊界においては
とても大きい宣布だったのです。


真のお父様が聖和されてから、3年が過ぎました。
霊界はさらに一つとなり、地上に働こうとしている時だと思います。

その霊界の協助を得るには、地上にいる私たちが
より一層、一つになり、霊界を意識しながら、
孝行の心情を持って、歩むことであることを感じます。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック