2015年11月14日

真の母の心は、海のように深く、無限無窮! お父様、心配なさらないでください!!



11268977_898073983587084_9038023219747579577_n.jpg


真の母の心は、
海のように深く、
無限無窮なのです




TPマガジンに
ジャック・コリー ヨーロッパ大陸会長の
巻頭言が掲載されていました。
少し編集して紹介します。


2015年8月30日、
清心平和ワールドセンターで開催された、
真のお父様聖和三周年記念式のみ言で、
真のお母様は

「きょう、お集まりになられた皆さんは、
お父様に何とお話しされたいですか?
私はこう言いたいです。

お父様、これからは心配なさらないでください。
私たちは必ず責任を完遂します。

ですからお父様は永遠なる本郷苑で今まで孤独であられた、
天の父母様(神様)を慰労され、頌栄の対象として、
自由であられるよう願ってやみません。」


と語られました。

2012年、真のお父様の天宙聖和式を
見守られた人であるならば、その当時、
真のお父様の聖和こそが、
真のお父様が全世界の統一家に責任を持とうと
直面された、数多くの挑戦により、
どれだけお疲れでおられたか記憶していることと思います。

しかし、真のお母様はその聖和式の最後の瞬間に、
中断なき前進と
真の父母様の偉業を完遂しようと強調されたのです。

その当時、私たちは真のお父様の聖和に対する
悲しみと挑戦を克服し、
ビジョン2020に向けて前進されようとする
真のお母様のみ旨を理解することができました。

それ以来、真のお母様は、
知恵とリーダーシップを発揮された。

真のお母様は天宙平和士官学校、トップガン修練会、
クレインズ・クラブの結成、
そして鮮鶴平和賞を制定されるなど、
統一家の若者にインスピレーションを与え、
世界に影響を与える肯定的で、
励みとなる道を開いてくださいました。

2015年5月にヨーロッパの統一運動は
宣教50周年を迎え、真のお母様が
オーストリアのウィーンを訪問される、栄光を享受しました。

真のお母様の訪問は、
ヨーロッパで統一運動を確立するために
草創期の宣教師たちが築いた基盤が認められただけでなく、
共産圏で命を懸けて、原理を教育した
地下活動の宣教師たちと
草創期の食口たちが慰労された機会となりました。

また真のお母様は、
クレインズ・クラブのヨーロッパ支部創設大会に参加した
400人以上の二世たちを温かく抱擁されました。

真のお母様が、オーストリアの協会本部で開催された本行事で、
2,500人以上の食口の前で語られ、
ウィーンの国連本部でも演説されましたが、
ヒルトンホテルで開かれたクレインズ・クラブ創設大会で
二世たちに最も長く語られたのです。

アメリカに出発される前、真のお母様は
ヨーロッパのキリスト教の根を理解されるために
他の国々も訪問されました。

真のお母様の訪問に励まされたヨーロッパの食口たちは
真のお母様が全生涯を懸けて、身を持って見せてくださった教えに
従うことを決心しました。

真のお母様は幼い頃に、真のお父様の新婦となりなさいという
神様の召命を受けられてから52年間絶対信仰で、
言葉にならない苦難を克服され、
真の父母様として勝利されました。

そして真のお父様の突然の聖和を迎えられた時も、
復帰摂理を完成されようとする決心で
揺らぐことのない信仰を見せてくださいました。

最近、清平で開かれた、『2015天一国指導者特別集会』で
真のお母様は16歳の幼い年齢で、
祖国を救うようにという神様の啓示を受けた
フランスのジャンヌ・ダルクについて言及されました。

それと同様に真のお父様と真のお母様も、
幼い年齢で不可能に見えた使命を完遂せよという天の召命を受けられました。

韓国戦争の廃墟の中で始まったお二人の路程で、
真の父母様は数十年間、貧困と
言うに耐え難い迫害に苦しめられ、
数名の子女を亡くされるという胸痛む時間を送られましたが、
天の父母様と人類に対する愛は
変わられることはありませんでした。

お二人は天一国時代を宣布される代価として
十分な犠牲を払われました。

私たちは真の父母様の勝利路程に従うのに
恐れはありません。
真のお母様は私たちも絶対信仰と確信を持てば
勝利することが出来ると語られました。

この大陸で私たちは真の父母様の勝利的な生涯と
ヨーロッパの宗教人たちの長い信仰基盤の上で
天一国の理想を実現することを決意します。



徳野会長が先日言われていましたが、
真のお母様は、昔、『ふるさと』とか、
『しあわせって、なんだろう』
そのような歌を好まれたといいます。

しかし、最近は、
『み旨の応援歌』とか
『サナイ』を歌うように言われるそうです。
サナイとは、韓国語で『男』を意味するそうです。

み旨を果たすために、気丈なお母様です。
しかし、お母様はこのように語られたそうです。
『真の母の心は、海のように深く、無限無窮なのです』と。

そのようなお母様に侍ることができることを何よりも感謝し、
ジャック・コリー会長にお母様が語られたように、
『絶対信仰と確信を持つこと』を意識して
歩んでいきたいと思います。

応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/whoxs74ru6cg
posted by ten1ko2 at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック