2015年11月30日

4年間毎日書写を書き続けた母、そして、嬉しい奇跡が!! 《自叙伝書写の証し》



20051229a.jpg


毎日、書写をする母が
震えるほど怖がっていた父。
両親の幸せを願う娘。
そして……



自叙伝書写の証しです。
今日は、『郵送書写』の証しです。


私の母の証しをさせていただきます。

母は書写会が発足した2010年10月からずっと書写をしております。
4年間、一日も欠かすことなく毎日書写をおこなって、
毎月の書写奉納の日に間に合うように報謝と共に
「私の心を送るよ。」と言って、書き終えた書写を送ってきます。

最初は、私から勧められて始めた書写でしたが、
そのうちに「書写をしないとなんだか落ち着かない。
良い言葉を書くとお父ちゃんに優しくできる気がする」
と言うようになりました。

年に一度、帰省した折には、孫たちと一緒に家庭書写会をしてきました。
そのような母と一年位前から話してきたことが、
祝福結婚を受けて欲しい、ということでした。

実は、これまでも何度か母に祝福の話をしたことがありましたが、
「あんなお父さんとは難しい。
またそういう話をすると、家の中が大変になる」
と母は震えて首を振るばかりでした。

けれど、帰省した時に、浅川先生の『永遠の幸せ』のDVDを見てもらい、
この世でも幸せ、あの世でも幸せ、そんな永遠の幸せを
お父ちゃんとお母ちゃんにつかんで欲しいと伝えました。

すると、今回は母が書写をやってくれていたからだと思います。
「お前がお母ちゃん達の幸せをとても思ってくれていることがわかるから、
お父ちゃんに言ってみる」と力強く言ってくれたのです。

しかし、予想通り、父に理解してもらうことは簡単ではない状態でした。
母に対してはかなりきついことを言って、
怒鳴ったりしたのではないかと思います。
でも、母は黙々と書写をやりながら、
父へのアプローチをやり続けてくれました。

電話で様子を聞く度に、
「やっぱり難しい。お母ちゃん一人で良い?」と言ってくる母に、
「二人で来てほしい」と言うと、
「頑張ってみるわ」と応えてくれるという繰り返しでした。

ところが、11月に入って奇跡が起こりました。
まったく「うん」と言わなかった父が、
11月30日の祝福式典に来てくれることになったのです。

76歳の母ですが、ウエディングドレスがとても良く似合っていて、
あれ程抵抗していた父が、照れくさそうに、
母のそばで式に参加している姿に、胸が一杯になりました。

実家に帰る日、母が父に
「式典に出て、夫婦のあり方や家庭の大切さ、
天国のこと、きちんと教えてくれるところだとわかったでしょ。
そろそろ、娘たちを認めてやりましょう」
と力強く詰め寄って話したのです。

父は、いつもと違うパワフルな母に驚きながら、
「わかったよ」と言ってくれました。

私も、とても驚きましたが、書写をやり続ける中で、
母の心は神様への確信が強くなっていたことを、知りました。

毎日、コツコツと書写を続けた母の精誠を、神様はすべて知っておられ、
今回、父を導いてくれ、こんな大きな祝福の恩恵を
与えてくださったと実感しています。
本当にありがとうございました。



これは昨年の証しですが、おそらくこのお母さんは、
今も継続して書写を続けているに違いありません。
毎日、やり続けることによって、着実に
お母さんの心は変わってきたのだと思います。

また、面白いのは、『郵送書写』でも
証しが出るということです。
お母さんの意思が強くなければできないことだし、
娘さんが言うからやるのではなく、
お母さん自身も書写の『魔力』に
とりつかれてしまったのではないでしょうか。

実は、うちの教会でも、同じような方がおられます。
『郵送』ではありませんが、
教育センターに来るのは、毎月1回だけ。
ようするに、1ヶ月間、書いた書写を納めて
新しい書写をもらいに来るのです。

しかし、この方は、『魔力』にとりつかれています。
自営をしておられるのですが、
自分で立てた目標を必ずクリアーされるそうです。
それも、この自叙伝書写のおかげだと思っています。
本当にそうなんだろうと思います。

先日に紹介した『精誠の頂』の如く、
やはり、『継続は力なり』なのだと思います。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック