2015年12月21日

未来に「祝福」を広く伝えよう! 《真のお母様のみ言etc.「真の家庭の価値運動20周年」》



12359893_1011624048898743_7059644267178453872_n.jpg


私たち祝福家庭の生活は、
6000年の人類歴史において、
最も大きな祝福です。




PeaceTVに、先日、米・ラスベガスで行われた
真の家庭価値運動20周年記念式の様子、
そこで語られたお母様のみ言が紹介されていました。

また、アメリカにおける牧師の
素晴らしい活動報告も、併せてご紹介します。


この日の記念式には韓国・アメリカ・日本の家庭連合の指導者、
ACLC、UPF、平和大使など、約700名が参加し、
マイケル・バルコム アメリカ協会長の開会宣言、
ジョージ・スターリングス大司教・アメリカ宗教指導者協議会共同議長の祝祷、
金ギフン北米大陸会長の歓迎の辞が続きました。

続いて「真のお母様のビジョン2020摂理」についての
チョ・ソンイル世界本部長の報告と、
鮮鶴平和賞を中心とした「ネパールとインドの摂理」についての
ユン・ヨンホ副室長の報告がありました。

文ヨナ世界平和女性連合世界会長は、
先日シカゴとニューヨークで開催された真の家庭価値運動記念式で、
真の父母様を代身して伝えた「特別メッセージ」を朗読し、
真の家庭価値運動の過去の足跡を振り返り、
天の父母様と真の父母様の摂理を共有する時間を持ちました。

続いて真のお母様のみ言がありました(要約)



私たち祝福家庭の生活は、
6000年の堕落した人類歴史において、
最も大きな祝福です。

これを自分だけ享受しているのではいけません。
私たちには、私たちの2世、3世の未来があるのです。

未来を見せてあげられる先祖として、
父母としての責任を果たさなければなりません。

皆さんがいかに環境を広げるかによって皆さんの後孫は
より自由を味わうことができるのです。

(子女が)自分よりもより良い人生を送ることを願うのが
父母の心ではないでしょうか?

そうであるならば、愛する皆さんの子女のために、
皆さんがあの世に行く前までに責任を果たさなければなりません。

分かりましたか?



10606455_1011624105565404_3993020406579979602_n.jpg



「天の父母様の願い、人類の願いである
平和世界を実現できる環境を作るべきである」
と語られながら、今後の方向性を提示された真のお母様でした。

真の家庭価値運動とは、
英語で True Family Values Ministry
アメリカで展開されている
聖職者・牧師たちの活動です。

宗教・教派を越え、真の父母と祝福に
賛同し、共に歩む牧師たちの姿は、とても頼もしい限りです。

では、ここで、先週のPeaceTVにあった
ラスベガス ユニティ・バプテスト教会での祝福結婚式について
紹介したいと思います。


アメリカ・ラスベガスに位置する「ユニティ・バプテスト教会」では、
11月29日、教会長であるレイモンド・ギデンス牧師の主催により、
信徒50組が参加する中で祝福結婚式を挙行しました。

レイモンド・ギデンス牧師夫妻は基元節に祝福を受け、
「自らの教会員たちをすべて祝福する」という悟りを開き、
原理の勉強と教育に邁進しており、
周辺教会まで祝福の価値を伝えています。

ギデンス牧師は祝福式にさきだち、
「ラスベガスとアメリカ全体が成す祝福の起点になってほしい」
と祝祷をささげ、音楽祈祷会とケーキカット、晩餐会と続き、
祝福の価値と意味を心に刻む時間となりました。



20周年を迎えたという真の家庭の価値運動、
そもそもの出発は、やはり真の父母様です。
1996年、全米の宗教指導者5000名余りをワシントンに招請し、
真の父母様が「真の家庭の重要性」を教育されました。

家庭の神聖さをゆがませる、離婚と青少年脱線、フリーセックス
などの問題を、「真の家庭価値運動」を通して回復するために、
過去20年間投入してこられました。

この20年間の精誠が、牧師の祝福と
教会全体の祝福式という形で
実りを結んでいるのだと思います。

今の精誠が必ず実りを結ぶときが来る・・・
そのことを信じてこれからも最前線で歩んでいきたいと思います。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック