2016年01月05日

2016年、年初に思うのは、伝道と拉致監禁撲滅!! ……今年の初夢?! 



12439517_1021366634591151_5591213054520584165_n.jpg


新年。皆さんは、一年の計画や目標を立てたり、
家族で団欒したり、有意義な時間をもたれたでしょうか。

初夢は見られましたか?


私たちの家庭は、年末年始、妻の実家に帰省してきました。

今回、二つの恩恵がありました。
一つは、家庭礼拝。
この内容は、別の機会にお伝えしたいと思います。

もう一つは、昔、お世話になった方たち等との交流会です。
私は、学生で導かれましたが、
学生部で大変お世話になった先輩と、大学生の娘さん。
また、献身する時にお世話になった先輩。
そして、SNSを通して出会った成和学生部長さん。
家内も含めて6人で交流しました。

十数年ぶりに会った人もいて、とても懐かしかったのですが、
つい盛り上がってしまう過去の話は、控えめにして、
最近の伝道の話や、青年の教育の話に花が咲きました。
こういう授受も貴重だし、
これからも大事にしていきたいと思います。


交流会が終わってから、
献身した時のことを振り返ってみました。

実は、私より数か月前に献身したのが、
あの有名な後藤徹さんです。
すなわち、献身トレーニングでともに歩んだ仲です。

そして、私は、献身したその月に
最初の拉致監禁に遭ってしまいました。
1989年のことだったと思います。
当時は本当に拉致監禁が多かったのです。


今は、ほとんどないと言っても
拉致監禁が皆無になったわけではありません。

昨年、拉致された方は脱会してしまったそうです。
そして、2年前に拉致された八王子家庭教会の
石橋正人さんは、いまだに解放されていません。

自分が拉致されていた時のことを思うと、
毎日が苦痛の中でしたし、
いつ解放されるかわからない状況下でしたので、
不安と恐怖が折り重なっていました。

ですから、多くの方がトラウマを受けて、
PTSDなどの症状が出ることも、悲しい現実です。


そんなことを考えていたら、
霊の親(紹介者)が夢に出てきました。
本当に久しぶりのことですが、
彼は、拉致監禁により、教会を離れました。
今は、音信不通、どこにいるのか、何をしているのか、
まったくわからない状況です。

霊の親と同じように多くの人たちが
拉致監禁によって、教会を去っていきました。
また、それだけでなく、心の傷を負ったり、
家族の関係が悪くなってしまった方も多くおられます。
拉致監禁に携わった人たちは、
このことをどう受け止めているのでしょうか。。。

このブログの出発の原点は
拉致監禁撲滅です。
拉致監禁の件数が減ったとしても
後藤徹さんの最高裁勝訴は確定されたといっても
今なお、拉致監禁を受けている兄弟がいるのです。
そのことを重く受け止めつつ、
これからも発信していきたいと思っています。


応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | *拉致監禁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック