2016年01月28日

私の思いを上手に伝えたい! 有効な「親メッセージ」とは?! 《多田部長の家庭力UP↑講座》



12573207_1635318690041057_7958735704749922839_n.jpg


子を思わない親はいない、
それなのに、そんな親の愛情は子どもには
なかなか伝わりません。

まず黙ることから。
そして、子どもの話を、上手に聞けるようになったら、
今度は、親自身の思いを
上手に伝えていきたいですね。

多田部長の「家庭力アップ講座」
今回は、『親メッセージについて』です。


私たちは、授受作用を通して、家族として存在する力、
喜びを繁殖する力、様々な生活する力が湧き出てきます。

授けていく力と受けていく力がひとつとなって
家庭での授受の関係ができるようになります。


親が、子供に愛を授け受けることとは、子供の気持ちを分ってあげたい、
共感してあげたいと願う気持ちで、子供の話を聞くことです。

そして、子供の気持ちを共感できたときに、
親の愛情が子供に伝わるようになるのです。
すると、子供が「親は、私の気持ちをわかってくれている」と感じるのです。

子供の話を「聞く」ことを通して、親の愛情が子供に伝わるのが、
「共感的聞き方」並びに「積極的聴き方」です。


「家族の対話」のもうひとつの内容が、「話す」ということです。
「話す」ことを通して愛情が子供に伝わるのが「親メッセージ」です。

「親メッセージ」とは、自分の感情的思いではなく、
共感したい思いで子供に接する自分の気持ちをそのままに、
「私」と言うことばを主語にして表現するのが「親メッセージ」です。

「親メッセージ」の特徴は、相手の行動をよいとか悪いとかの評価を下さずに、
自分はどう思うという風に自分の気持ちを表現できることです。

私の言葉の中に、私に対するどの「行動」が、私にどんな「影響」を与え、
私がどんな「感情」を抱いたのかをしっかりと、子供に伝えることです。


子供の気持ちを「共感」した土台の上になされるのが、
ここで学ぶ「親メッセージ」です。

「親メッセージ」とは、親の思いを、愛情を持って子供に伝え、
子供が理解していける方法です。

「共感的聞き方」や、「積極的聞き方」ができるようになって、
「親メッセージ」を正しく実践することができるようになります。

何度も何度も気持ちを共感できるように「聞き方」を実践していく中で、
「親メッセージ」を用いて親の願いを子供に
愛と共に伝えることができるようになります。

慣れるまでは、難しく感じますが、子供の気持ちを
しっかりと共感できるようになれば自然と
「親メッセージ」を実践できるようになります。


「親メッセージ」は、子供の行動を通し、
親が問題を抱えた場合に用いる方法です。

子供の行動や発言により親が問題を抱えたときに、
親はどうするのかといえば、

第一に「直接的に子供の行動を変えようとする」か、

第二に「環境を変えようとする」か、

第三に「自分自身を変えようとする」という三つの方向性があります。



例を考えてみましょう。

「テレビを見たり、ゲームをしたりして、なかなか勉強をしようとしない」という場合に、

第一は、子供の行動を変えようとする。
すなわち、テレビやゲームを見ないように注意したり怒ったりするのです。

第二は、環境を変えようとする。
すなわち、テレビをなくす。
ゲームを捨てる。(壊す人もいた)

第三は、自分自身を変えようとする。
すなわち、子供の気持ちを共感しょうとすることです。
以上の三通りが考えられます。


ここでまず、親と子供の位置を確認する必要があります。

親子が心を一つにしたいときは、親と子が縦の関係ではなく、
横の関係にならないと、心が一つになりません。
親子の気持ちを一つにしていく努力が必要です。
権力を行使するのでは、ますます、子供の心は離れていきます。

親は往々にして、子供の行動を変えたいと願いますが、
子供の心を共感し、理解してあげたいと思えるようになりたいものです。



ゲームについての例題があげられていました。
恥ずかしながら、わが家の子供たちも御多分に漏れず
ゲームが大好きです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、
任天堂の「スプラトゥーン」。
大ヒット商品ですが、
うちの子供たちも買って、遊んでいます。

この家庭力アップ講座を読んでいたからではないのですが、
共感しないといけないな。。。
そう思いつつ、ゲームを見ていると
結構、面白そうです(笑)
もちろん、ずっとやり続けているのは良くないので、いいますが。。。


いつか紹介しようと思っているのですが、
「ユダヤ人の家庭教育と伝統」の証しを先日聞きました。
天の伝統を守る、という観点からすると
ゲーム三昧の子供たちを見ていると、
本当に申し訳ない限りです。。。

子供たちに共感しながらも
「親メッセージ」として
必要なことはしっかりと伝えていかないといけないと感じます。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック