2016年01月31日

神と父母に奉げる本! オランダ人作家が、『家庭連合(統一教会)』 を証す本を出版した理由(わけ)?!



無題.png


この本は私だけのものではありません。
神様にお捧げする本です。



霊的感性豊かなマーティン・メイヤー博士の生き様。
「神様の声とならせてください。
神様の手の中にあるペンにならせてください」
と、神と共に執筆活動をしたといいます。

そんな中、いよいよ
「統一教会(家庭連合)を選択した人々」の
執筆・出版にまつわる証しとなりますが、
これも、霊的、啓示的な証しです。


そうしているうちに2011年のある日、
我々の教会(家庭連合)について本を書く機会がやってきました。
私の7番目の著書です。

この本は単に統一教会に関する本というより、
私に最も近く貴い全てのことに関するものです。
それは神様、真の父母様、原理講論、祝福と
統一家の兄弟姉妹に関連するものです。
私の夢が現実に近づきました。

最初のこの本を書き始める頃には、
4年半もの長い戦いとなるとは思いもしませんでした。
その期間とは、書いては消し、また書いてはの繰り返しで、
祝福家庭の愛と人生の話や全世界の食口の信仰と冒険の話を集め、
内容を修正して編集してまた書く、そのような時間となりました。

今まで書いた本の中で、これ程にも
精神的、感情的、肉体的に辛かった本はありませんでした。
これまで本の為に泣いたことなど一度もありませんでしたが、
この期間、数時間も続けて涙を流しながら
祈る自分を発見することができました。

この過程で翻訳してくれた文インスさんや
出版社の社長には忍耐力や我慢が試された瞬間でしたが、
彼らは最後まで耐えてくれました。


出版社の李ギョンヒ社長は、神様からの導きを受けていました。
統一教でもない彼女が我々教会について
本を出版しようというインスピレーションを受け、
また本が出るまでの長い間多くの試練があったにもかかわらず、
最後まで信頼を持ち、待ってくれたのには驚きました。

『統一教を選んだ人々』が印刷された日の夜、
李社長はとても鮮烈な夢を見ました。
彼女は夢の中で、真のお父様が原理講論を執筆された時
使っておられたものと同じ小さな油皿を見たのです。

その火が徐々に明るくなり、その火花が
油皿を完全に覆ってしまうまでずっと燃え続けました。
その火花はとても強く爆発し、火事になるのではないかと心配するほどでした。

彼女は夜中の3時に起きて、夢で見た内容を絵に描写しました。
その絵を携帯で写真を撮って保存しました。

数日後、彼女は苦労した結果の作品を直接渡すために、
100冊の本をベンツのトランクに乗せてソウルから清平まで運転してきました。
出帆社の社長としては異例のことです。


この本は私だけのものではありません。
神様と真の父母様の素晴らしい知恵と愛に関する多くの証しで作られたもので、
神様にお捧げする本です。

統一教会の食口と平和大使の実際の暮らしから出た46個の多彩な話が、
さらにこの本の価値を高めました。

ここではアルゼンチン、ベラルーシ、ブラジル、チェコ、イギリス、フランス
ドイツ、ガイアナ、イラン、イタリア、日本、韓国、ネパール、ナイジェリア、
アメリカそしてザンビアにいる食口と平和大使が手伝ってくれました。

全部で12章からなっており、それぞれの章で挿入したナチュラルカラーの挿絵は、
ロシア人のアーティストやグラフィックデザイナーに制作してもらいました。


この本では、原理講論と真のお父様の教えの
必修内容を公開し明白に説明しています。
堕落の性犯罪からイエス様の叶わなかった結婚や、
真の父母の祝福を通した血統転換を含め絶対性についても出ています。

この本は我々の教会や世界平和統一家庭連合をけなす者から作られた
片側の真実と偽りの内容を振り払い、
真の愛と平和の世界である真の父母様のビジョンの美しさや力を
シェアできる素晴らしい手段にもなります。

この本は韓国人と世界の人々が再臨主を歓迎し、
祝福を受けいれるよう招請する招待状のような役割をしています。

神様と真の父母様の真理と愛の光と温かさが、
一日も早く地球を埋め尽くせるよう願い、
この本が神様の慈しみ深い火花をさらに輝かせることができる
媒介の役割となれることを願っています。


mathinmeiya.jpg

文責:ten1ko2
(一部わかりやすい日本語に編集しています)


出版社の社長の夢の証し。
以前、真のお父様の自叙伝を出版した
仏教徒の朴恩珠(パクウンジュ)社長が
お釈迦様から啓示を受けた時のような
そんな感覚を受けました。

そういう意味でも、霊的に導かれて
書かれた本であることを感じます。

メイヤー博士は、毎朝4時から瞑想を捧げ、
6時からは、家族みんなで
お父様のみ言を訓読されるそうです。

この本は、おそらく日本語訳は、まだ出ていないと思いますが、
いずれ出版してほしいですし、
その時は、ぜひ読んでみたいと思います。



応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック