2016年03月21日

東洋のエルサレム、平壌(ピョンヤン)! 迫害はこうして始まった!! 《金元弼先生》



View_of_Heijo1.jpg


金元弼(キム ウォンピル)先生の「伝統の源流」続編です。


韓半島では、キリスト教が伝来される時、北の方に先に伝わりました。
ですからキリスト教は北の方が盛んでした。
中でも、平壌(ピョンヤン)にはすべてのキリスト教の中心がありました。

神学校も有名な復興師も、全部平壌に集まっていました。
平壌は霊能者が第二のエルサレムと啓示を受けていたほどに、
たくさんの教会がありました。
日曜日には鐘の音でうるさいくらいでした。

そういうところに先生が一人でやって来られたのです。

平壌の牧師たちは、その教会の中心幹部であり
統一教会につながっているメンバーに対して、
「私が今日、あなたの先生に会い、目の前で聖書の討論をして、
その教会がどれくらい異端であるか、お前に見せてあげよう」
と言って、先生を訪ねました。
「それを見たらお前は必ずこの教会に帰ってくるようになるだろう」
と念を押して。

訪ねてきた牧師を先生は丁重に迎えられました。
そして先生はその牧師が何を聞いてくるか御存じでしたから、
牧師が話す前に、彼が話そうとするすべての問題についてお話ししてあげました。
聖書を通して、ずーっと説明されますので、
牧師は何も言うことができなくなりました。

彼はただ、「本当に苦労していますね」という一言を残して去っていきました。
そしてこの牧師によって、聖書で討論しては
先生を負かすことはできないといううわさが徐々に流れていったのでした。

そしてついに彼らは共産党の官憲に投書をしたのです。

教会の重要な幹部たちが統一教会へ行っていることに対して、
異端だということだけでは説得することがなかなか難しいと分かり始めました。

しかし、教会ではその重要な幹部たちが全部出てしまうと
教会を運営することが難しいと気が付いて、
どんなことをしても彼らを取り戻さなくては、
と考えざるを得ませんでした。

彼らが取り上げた問題は何かといいますと、
「淫乱に違いない。淫乱な集団である」ということです。
統一教会は淫乱な集団であると問題にし始めました。

「この教会は家庭を破壊する教会だ」というふうに言い始めたのです。
その次に、「教会を破壊する」と考えたのです。
つまり、「社会の秩序を乱している」というのです。

これを利用したのが共産党でした。
彼らは、「この団体は家庭を破壊し、教会を破壊する」として、
さらに「共産主義社会の秩序を破壊するものだ」といって問題にしたのです。

家庭や教会から反対されればされるほど、
メンバーたちの信仰はより強くなり、
霊界の協助は一層強くなったのでした。
霊人たちは細かいところまで教えてくれたのです。



やはり、先入観というものは、
反対する一つの理由かと思います。
自分なりの認識、あるいは、外からの噂・・・
そういったもので、誤解するというのは多々あるのではないでしょうか。

先日の祝福式での証しを紹介します。
ある女性が祝福を受けました。
私が証しを聞いた婦人が韓国の男性を紹介したのです。
彼女は、お母さんが信仰をもっていたので、信仰二世です。
ところがお父さんは、教会に大反対でした。
それを押し切って祝福を受けました。
そして、「お父さん、一緒に参加してください」
娘の強烈なお願いを受けて、
しぶしぶ韓国の式典に参加したのです。

お父さんは、ある大学の教授で、
教会には一度も行ったことはないのですが、
噂を聞いて反対していたのでした。
そんなお父さんが、初めて韓国に行き
教会の一大イベントである祝福式に参加しました。
参加して一言。
「私が思っていたところとは、違う・・・」
そして、参加して泣いていたそうです。

このお父さんは、教会の祝福式に来て、
噂とは違うと思って、認識を変えました。
ところが、この牧師たちは、お父様のみ言に屈服しましたが、
それでも、お父様についていこうとしませんでした。
共産党に投書をしたということは
その後のお父様の道の大きな妨げになりました。

こんなところを見ても、
反対する人というのは、自分の思想信条を超えて、
「統一教会(現・家庭連合)はこんなに悪いところだ!」
そう言って、同調するというのがわかると思います。
牧師は神様を信じ、共産党は、神様を否定します。
それなのに結託してしまうのです。

真のお父様はそれでも、神様のみ旨をまっしぐらに
突き進んでいかれました。
その姿は、今のお母様と折り重なると感じます。
そして、私たちもお母様と同じように
前を向いて進んでいかないといけないと思うのです。






応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック