2016年04月30日

分派とは1 文鮮明師はメシヤ?! お父様につまづく人々



13012825_1090702727657541_9028381453887857167_n.jpg


先日、特別巡回師の柴沼先生をお迎えしての
「原理講師養成講座」がありました。

先生を前にしての講義演習は
反省点のとても多かったものでした。。。

それはともかくとして、
論評のあと、分派問題に対して質問に対する
柴沼先生の回答を2回に分けて、掲載します。


原理をどうとらえたらいいのでしょうか。
復帰はすべて、アダム家庭の蕩減復帰です。

お父様は6000年復帰歴史の蕩減をされました。
すなわち、サタンを自然屈服されたのです。
そして、お母様はエバの失敗を蕩減復帰されました。

人類は真の父母を失いました。
すなわち、アダムとエバを復帰しないといけない立場です。

お母様はお父様に完全に従順屈服していかれました。
完全屈服です。
ご夫婦の心情基準は、誰がどのようにしても切ることができません。
すなわち、お父様とお母様は分離しえないのです。


完成とは何でしょうか。
心情が移るということです。
この完成の基準に対して、私たちは今まで、
お母様の価値を知ろうとしなかったのです。

食口たちは、みんな「お父様が慕わしい」と思います。
しかし、お母様に対しては、考えなかったのです。
お母様は、ただ「お父様の隣に座っている人」でした。
お母様の勝利を知ろうともしなかったのです。


真のお父様につまずく人はお父様をどのように見るか・・・
お父様を『相対化する』のです。

例えば、「文鮮明師は事業で失敗している」と非難します。
しかし、お父様は経営者ではありません。
間違いはあるのです。


真のお父様は、神様との関係において、絶対的に勝利された方です。
すなわち、神様、イエス様の心情を解き明かされたお方です。

神様の血統なのですから、お父様は、本然のアダムの立場です。
ですから、同じ血統の神様の心情、イエス様の心情がわかるのです。
お父様は、原理を解かれて、
神様とイエス様の心情を解き明かしてくださいました。

この世には、立派な神学者たくさんいます。
しかし、神様の心情、イエス様の心情はひとつもわかりません。

私がメシヤなら、神様の心情がわかりますか?
お父様が、神様とイエス様の心情を教えてくれた人です。
そういう観点で、私はお父様のことを疑ったことなど一度もありません。


ある人が、「私は霊界がすべてわかる。だからメシヤだ」とか、
自分の立場を主張する人がいます。

その人に質問してみました。
「では、神様の心情はわかりますか?」
答えられないのです。


かつてレダの摂理の時に、
お父様はこんなことを語られました。

「パンタナールはすごい広いんだ。
日本の土地・本州の二倍はある!」
でも実際には、本州と同じくらいの面積なんです(笑)

また、魚のことも言われましたね。 
「パンタナールには、たくさん魚がいるんだ。
3600種類!」

これも間違いです(笑)
正解は、360種類くらいです。

お父様は、だからメシヤじゃないのでしょうか?
いいえ、違います。

神様とイエス様のことを私たちに教えてくださったのがお父様です。
だからメシヤなんです。

お父様は事業のことはわかりません。
お父様はすべて摂理の中で行っているのです。

(文責・ten1ko2)



「お父様を相対化する」
すなわち、私の目でお父様を見るということなのだと思います。

柴沼先生の語られるように、
神様のこと、イエス様のこと、
その深い心情の世界を教えてくださった方が
真のお父様です。

お父様をどの角度から見つめるか、
そのことが問題なのだと思います。

明日は、「お母様の相対化」についてです。


応援のクリックをお願いします


にほんブログ村



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック