2016年09月03日

皆さんは、この時代に一度しかいない「天の英雄」です! 《真のお母様のみ言》 



20160821 01_01.jpg



HJ天苑特別修練会「2016 Global Top Gun Youth」
修了式において語られた、真のお母様のみ言を紹介します。


皆さんはきょう、私に会ってどうですか?

私は皆さんに会うためにたくさん神経を使いました。
なぜか分かりますか?
今から私が説明します。
よく聞いてください。

皆さんがこの期間、原理のみ言も聞いて、
父母様について勉強したとのことですが、よく学びましたか?


今日の世界は多くの問題を抱えています。
解決できる人も方法もありません。

今も中東とヨーロッパでは民族紛争、宗教紛争、
また領土をお互い「私のものだ。私のものだ」
と言いながら争うことばかりしています。

いつ世界が一つになれるのでしょうか?



近代の世界史を見てみる時、
近代文明の始まりはヨーロッパ大陸でした。

イギリスの産業革命を中心として
新しい文化が始まりました。
それでイギリスは植民地をたくさん所有し、
日の沈まぬ国として
世界に冠たる姿でそびえたっていました。

しかし結果はどうなりましたか?
天の摂理を知らず、
なぜ人間が生まれたのかも知らない彼らには、
未来がありませんでした。
未来が保障されません。


ロシアもそうです。
困難だった第2次世界大戦の直後に
強大国になりました。

しかし、そのロシアはヨーロッパ文明からは遅れていました。
志のある帝国の責任者が
自らヨーロッパの文明を学びました。

とても低い身分で、自身が皇帝だという名前を出さず、
平民のような立場で努力しました。
それで、結果的にソ連(ロシア)が
文明大国になることができる土台を備えたのです。

しかし彼らも摂理を知りませんでした。



アメリカも同様です。
アメリカも神様の摂理を知りません。

キリスト教の基盤の上に誕生したアメリカが
愛を唱えていますが、その愛は今では
真なる世界人類のための愛ではありません。
個人主義、自国の利益をまず考えています。

そのような国々が世界の中心になることはできません。
分かりますか?



乱世には英雄が現れると言います。
これらの国々にも彼らなりの英雄がいました。
しかしその英雄たちが本質を知らなかったために、
結局は結果がよくありません。

しかし皆さんは違います。



6千年を経て、堕落した世界から
天の父母様の願いを果たすことのできる
真の父母が現れました。

真の父母の立場は国家基盤の上で
世界が歓迎する中で登場しなければなりません。
万王の王ではないですか?

堕落人間、天の摂理を知らない堕落人間は
どうやって人間が責任を果たすべきか知りません。

ですから真の父母が顕現されることができたのは、歴史的なことです。
真の父母によって初めて、皆さんの父母が
祝福家庭になることができたというのも歴史的なことです。



しかし私たちが世の中の環境を
全てつくることができない状態であるため、
さっき私は、ロシア帝国が文明国になるためには、
その国に責任を持った人が低い位置から、
平民から始める心があったために、
一代でソ連帝国ができあがったという話をしましたね?

皆さんも皆さんの父母も
全て整った環境で祝福を受けたのではありません。
そうであれば多くの内容がなければなりません。



ところで、皆さんたちは幼いころは
それを知らなかったでしょう。
「なぜ私たちの父母は私たちを捨ててみ旨のみ考えているのか?」
そんな考えをたくさんしたでしょう?

今わかりましたか?
間違った考えだということが分かりましたか?



ではどのように決心しなくてはなりませんか?

皆さんは、皆さんの父母と関係のない、
真の父母の真の息子、娘です。

そうであれば父母様の事情と心情を
どのようにしなければなりませんか?

理解し成し遂げて差し上げる皆さんたちは、
この時代の統一家が、人類が願う、天の父母様が願われる、
真の父母様が願われる英雄たちです。

英雄は困難や苦痛を克服しなければなりません。
分かりましたか?
平安な立場で成されるのではありません。



真の父母様も同じです。
しかし真の父母様は一人で出発しましたが、
皆さんは違いますね?

ですから皆さんが真の父母様と心情一体を成し、
皆さんが各分野で最高にならなければなりません。

そしてこの73億人類を天の父母様、真の父母様の懐に導く、
ただこの時代に一度しかいない、皆さんは英雄です。



皆さんがどのような環境にいようとも皆さんは勝利するでしょう?
そのうれしい報告を聞くために
私は皆さんともっと長く地上で生きられるよう努力します。

私たちはその決心を覚悟し、
聖和4周年を迎えてお父様に「サランヘ」を歌いましょう。


(「サランヘ」を合唱)




「天の英雄」と語られた真のお母様。
ここにいる二世だけでなく、
統一食口の二世・青年たちに語られたみ言であることを確信いたします。
そんなこともあって、
「私は皆さんに会うためにたくさん神経を使いました」
そのように語られているのかもしれないし、
本当に二世・青年に期待をかけている
真のお母様であることを感じます。

先日、海外でみ旨を歩んでいる姉妹から、
「伝道部長さんのサイン入りのみ言がありますよ」
とメールを送ってくれました。

かつて、20年近く前、新生トレーニングの講師をしていました。
卒業式で、「伝道ハンドブック」をプレゼントするのですが、
お父様のみ言を裏に書いて、渡していました。
その時の本が、活動拠点にあるというのです。
とても感慨深い思いを持ちました。

世界各地において、
大学を休学し、あるいは仕事を辞めて、
1年間、海外宣教師として、歩んでいるメンバーがいます。
そして、日本に戻ってきてからも、
伝道師として、歩んでいるメンバーがいます。

彼らにも、お母様のみ言が
その背後の深い愛の心情が注がれている。。。
そのように感じさせられたのです。

そして、私たちも体は中年ですが(笑)、
心は導かれた時の青年そのままです。
お母様は、私にも
「天の英雄です!」と語られていることを
肌身で感じつつ、歩んでいきたいと思うのです。



にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭のマークもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。
さらに、ブログの記事においては
無断転載はお断りいたします。
曲解や悪用ととれる引用も、
差し控えてくださいますよう
よろしくお願いします。
(もちろん、善なる目的で
使用することに関しては
その限りではありません)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441567864

この記事へのトラックバック