2016年09月17日

慕わしくて涙が出る、一つとなった兄弟文化?! 《伝道勝利の秘訣は、やっぱり、アベルカイン?!》3


14053738_1171566152904531_7753993878337580412_o.jpg


篠崎幸郎本部伝道部長の
「み言に学ぶ伝道の秘訣」
今回が最終回です。



天に願われるアベルの姿勢


アベル・カイン関係は兄弟関係です。
前後関係であって上下関係ではありません。
アベルには、カインの心を自然屈伏させる使命があります。

信仰生活の中で、どんなにひどい環境や理不尽な立場に置かれても、
人を批判するところからは何の解決も発展もありません。
自分がアベルとして主人意識を持ち、対処していくのです。

特に、私たちは神氏族的メシヤの称号を頂いた者ですから、
生活のあらゆる場面で、氏族の真の父母・真の師・真の主人に
なれるように努力しなければなりません。

アベル(弟)はカイン(兄)を共に連れて行ってこそ、
神様の元に帰ることができます。


私たちは父母の心情、僕の体で、内的には自己否定、
外的には自己犠牲の姿勢を貫き、
愛の主体として、対象圏に働きかけるのです。

そうしてこそ、相手の心は動き始めます。
「あなたのような真実な人に出会ったことがない」と感動するのです。

心が動けば、体も万物もついて来るようになっているのです。


天の願われるアベル・カインの関係が拡大されれば、
神霊と真理に満ちあふれた教会が築かれていくでしょう。

食口に会えば慕わしくて涙が出るほど、
強く結ばれた兄弟姉妹がいる教会。
新しい食口を切ない気持ちで待ちわびる、
温かく思いやりのある教会ができたなら、
限りなく発展するに違いありません。

爆発的伝道の鍵は、「兄弟姉妹が一つになった教会文化」を、
いかに築くことができるかに懸かっています。


先日、伝道で活躍する韓国婦人の証しを聞き、
その婦人の真のお母様を慕う心情の深さと強さに感動しました。

真のお父様は何よりも真のお母様を愛されています。
ですから、お母様のことを一番心配して大切に思い、
その願いを一生懸命果たそうとする子女を、
お父様が一番愛し導かれるに違いありません。

食口の皆様!皆で一つになって、
天地人真の父母様の切望される神氏族的メシヤの使命と、
青年・学生伝道に共に励んでいきましょう。



ある教会では、教会長・婦人代表を中心に
食口たちが本当に家族のような雰囲気で、
教会にいることが楽しくて仕方がない・・・
そのようになっているので、
自然と人が訪ねてくるといいます。

また、食口たちも教会に人を呼びたい・・・
そのような雰囲気になっているのだそうです。

777双の大先輩が証しされていました。
講話でその教会を訪ねたのだが、
本当にいい雰囲気だった、と。。。

私たちが目指す教会だと思います。
そして、神様・真の父母様が
喜ばれる教会だと思います。

まさに、『慕わしくて涙が出る、一つとなった』
教会における兄弟姉妹の関係を築くこと、
それが天の願いであり、私の本心の叫びです。
私たちの教会もそうなれるよう、努力していきます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭のマークもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック