2016年11月05日

明日はない、今日勝利しましょう!! お母様のみ言 7つのポイント 《徳野会長》1



20161003_07.jpg


「韓国の行事でお母様が語られた最近のみ言」について
徳野会長が、わかりやすく
7つのポイントに分けて話してくださっています。


@真の父母様を73億人類に宣布しなさい

第1のポイントとして真のお母様は、

「真の父母様を、73億人類に、
1億2000万の日本国民に堂々と宣布しなさい。
そして神氏族メシヤをしっかりと推進しなさい」

と再度強調なさいました。

2000年前、天の父母様(神様)の独り子として誕生されたイエス様は、
独り娘として予定された女性との間で
「小羊の婚宴」を捧げることができず、
「真の父母」になることができませんでした。

その立場を蕩減するため、天は独り子として
真のお父様を遣わされ、独り娘として
真のお母様を地上に誕生させてくださいました。

そして1960年天暦3月16日、
御聖婚(小羊の婚宴)されることで真の父母の立場に立ち、
人類に祝福の門を開いてくださり、
祝福家庭が誕生するようになったのです。


A天の父母様からお褒めの言葉を頂けるように

第2にお母様は、

「全ての祝福家庭はいずれ霊界に行きます。
そのときに天の父母様から、
『ありがとう。
あなたたちが真のお母様と一つとなって、
私の夢をかなえてくれたんだね』
との、お褒めの言葉を頂けるような
皆さんとなってください」

とおっしゃってくださいました。


B摂理を、きょう勝利しなければならない

第3に、

「(天の)摂理を前にしたとき、
あすというものはあり得ません。
きょう勝利しなければなりません」

とのみ言です。

これは摂理の延長は許されないものであり、時は、
私たち人間の責任分担の完遂を待ってくれないという意味です。

そして、天のみ旨(天一国)を一刻も早く実現したいとの、
お母様の切実なお気持ちの表れでもあります。


Cエバ国日本はお母様に似て成功するように

第4に、お母様は次のように語られました。

「韓国はアダム国家で
真のお父様の相対となる国です。
日本はエバ国家、母の国で
私の直接の相対圏です。

私の相対圏となり、
私が難しい環境にあっても
真のお父様に絶対従順で侍ってきたように、
私に似て成功しなければなりません。

これが日本の特別な使命です」


D謙虚で私心なく、感謝する心の姿勢をもつ

第5 に、真のお母様との食事の場に
同席させていただいた時に語られたみ言です。

「どんなにみ旨に熱心で実績のある人物でも、
天の前に絶えず謙虚で、私心のない、感謝する
心の姿勢をもっていなければなりません」

真の父母様のもとで過去に多くの功労を積んだリーダーが、
最後になって父母様との心情関係が徐々に遠くなり、
愛の減少感や不信感をもって離れていくという
残念なケースを見てきました。

改めて、絶えず謙虚で感謝の心情で歩むことの重要性を痛感しました。


E「父母の国」韓国と日本が世界の模範に

第6に、韓日和合統一出征式を通してお母様は、

「韓国と日本だけでも救国救世の基盤ができたならば、
どれほど希望でしょうか。

世界の全ての子女国家の前に
模範的な基準を立ててください」

と語られました。

「父母の国」である韓国と日本にしっかりとした
救国救世の基盤ができるならば、
他の子女国家は、それに倣うことで
勝利基準を受け継ぐことができます。

それほどに両国の使命と責任が重要であるということです。


F真の父母様の記憶に残る名門家庭に

第7に、お母様は

「真の父母様から愛され、
覚えられ、記憶に残る、
そのような名門家庭になってください」

と語られたことです。

お母様は改めて、全祝福家庭が真の父母様に
記憶されるような名門家庭になるよう強調されました。


20161003_16.jpg




本当に今の時の重要性を感じます。
やはり、実践あるのみだと思います。
一瞬、一瞬を貴重視しながら、歩んでいきたいと思います。



にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
統・班撃破ですね!
氏族メシア活動をお父様も1970年代から願われ韓国ではどれほど叫ばれていたでしょうか?
基盤のある韓国が手本を見せることが一番ですよ
これからの経済基盤は韓国から日本へ
日本の使命は、倫理と教育を世界に知らせること
父の使命は権威と力、経済  母に使命は慈愛と優和長子の使命は父母の思いを弟・妹に厳格化すること。
Posted by 花火と案 at 2016年11月05日 14:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック