2016年11月12日

「日本の皆さん、愛しています!」 お母様が来日されていた!! 《特別精誠10.22〜29》



E59BB32-98f9a-thumbnail2.jpg


真のお母様は
先月22日から29日の8日間
非公式で、
日本に滞在しておられたそうです。

U−ONEニュースの最新号に
総会長がその意義に対して説明されていましたので、
紹介したいと思います。


E59BB31-af308-thumbnail2.jpg


今回のお母様の日本特別精誠期間は、
推し量ることができない恩恵がありました。
それは、日本訪問という次元ではなく、
天の父母様と真のお父様が
ともにおられる今回の精誠期間でした。

先月、韓日指導者出征式のあと、
清平大役事があり、日本から8000名が参加されました。
お母様がみ言を語られましたよね?
そのあと、私(総会長)に『日本に訪問するから準備しなさい』
そのように語られて、今回の日本訪問となったのです。

今回の意義を4つにまとめたいと思います。


@ 母の国・日本の勝利のため
真のお母様が勝利を収めたように
母の国・日本も勝利して、
母の国の体面を立てなければなりません。

今回、真のお母様は、
日本勝利の精誠のために静かに来られました。
そして、行くところどころにおいて、
日本の報告を細かく聞いてくださいました。

その都度、神様と真のお父様と語り合い、
実を結ぶ決意をされました。


A 父の国・韓国の勝利のため
今、韓国の国政の混乱し深刻です。
そのことに対しても、お母様は熱い祈りを捧げられました。

そして、長い距離を移動したのですが、
お母様は新幹線でなく、車で移動されました。
韓国の情勢を見つめながら、
あえて苦痛の道を行かれたように感じました。


B 世界の勝利のため
滞在期間中にも大陸会長の報告を受けられ、
全世界に思いを馳せておられたお母様でした。


C HJ天苑プロジェクト勝利のため
天一国経典を中心とするみ言
そして、HJ天苑 
これは、人類のとっての宝物です。
お母様は1000年の未来を見つめ、
祈り精誠を捧げられました。


二世圏祝福、そして、
休眠食口の復帰に向けて、 
今は、120日路程を歩んでいます。
今回のお母様の天運で勝利しましょう!
(文責:ten1ko2)

E59BB33-thumbnail2.jpg



真のお母様、非公式で
日本に来られていたのですね。。。

写真にも載せましたが、
お母様は、富士山の麓、
あるいは、九州(長崎・佐賀)
また、富山と長野、箱根
そして、東京にも滞在されたそうです。

日本に来られて多くの精誠を捧げられたお母様に
心から感謝をお捧げ致します。

「日本の食口の皆さん、愛しています」
このお母様のみ言をしっかり受け止めて
天運の中で勝利していきます。

明日の礼拝の時、
多くの教会でU−ONEニュースを
視聴されると思いますので、お楽しみに!
(PeaceTVでも視聴できます)





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当の韓国勝利は、日本が韓国で貢献してきたこと
(識字率を上げる為に学校を造った、道路を整備した、技術を伝えた。)倫理観は上がらなかったが等をしっかりと国民に伝える事でしょう。
父が母を慈しまない限り母は憎しみに燃え家庭崩壊になるのはどこの国も同じです。
韓国が責任を持ってHJを成功する。
その恩恵を与るのが日本の婦人たちではありませんか?
借金で家庭崩壊になっている婦人を救うのがHJになって頂きたい。
余談ですが、日本に避難されてこられたとの噂もあるので、日本に来られたとき位教会を訪ねてお話しして頂けると皆喜ぶと思うのですが
お忍びは、公金ではなく勿論私金ですね❗
公金ならば、非常にいけないのでは⁉
信頼が薄れる今は、正しく伝えることが教会の努めですよ❗
Posted by 花火と案 at 2016年11月12日 11:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック