2016年11月15日

妍娥ニムが目の前に!! 他人の子供も真の父母様のように愛そう! 《妍娥様のみ言》



S__33054723.jpg


先日参加した神氏族メシヤ修練会。
中和文化祭でメインスピーチをされる予定の文妍娥様が
私たちのために駆けつけてくださいました。

時間もほんの少ししかありませんでしたが、
記念撮影のあと、御言葉を語ってくださいました。

地区長が同時通訳をされましたが、
若干編集して紹介します。


私がお父様のみ言を
訓読しながら感じた世界があります。
父母の心情についてです。

皆さん、自分の子供に対しては
自然に愛しますよね。

ところで私の子供ではない、
他の人の子供に対しては、
どのような心を持つでしょうか?

私自身、自分の思いが強いので、
「他人の子供だ・・・」という思いが、
先に出てしまいます。。。

そして、その子供が何か過ちを犯しても
忘れることができますね。

ところで真の父母様の
心情世界はそうではありません。

間違えた姿、過ちを犯した姿があれば、
心が痛いし、忘れることができない
真の父母様の心。。。

正しいことを知らないということに対して、
そのことを叱るというのではなく、
過ちの道に行ったら
天の父母様の前に
どのような姿になるか、
本当に可哀そうで、どうしたらいいか。。。

何かを与えたいという
心情の世界を持っておられる
そのような真の御父母様なのです。

皆様は神氏族メシヤ勝利のために
この場に集まったと聞きました。

皆さんが今後出会う人たちの中で、
天が準備した人に出会う時もあります。
また、天の父母様の前に過ちを犯した、
そのような人にも出会うかもしれません。

皆さんの心もわからず、天の父母様の心情もわからず、
そして過ちを犯す人のことを思う時、
心が痛み、疲れるかもしれません。

それでもその人は、
天が探している息子、娘である・・・
そのように記憶していただき、
何としても救ってあげたい
そのように思われる
真の御父母様がいらっしゃることを思って、

私たちも、
「あの人が私たちの息子、娘だったら・・・」
そのように思って、
「私は何を与えたらいいのか・・・」

真の御父母様は私たちを「私の子供である」
そのように思われて、生涯を過ごされました。

ですから、父母の心を忘れずに、
疲れる時、互いに慰めあいながら、
「あぁ、私の息子、娘だ。
あのような誤った行動をした時、
私は何を与えたらいいのだろう」

そのことを考えながら、
愛の心を記憶してください。

(日本語で)
ガンバッテクダサイ!(笑)



「世界平和統一家庭連合」は
「家庭の連合体」です。

もちろん真の父母様のように似ることを
天が願われているのです。
その究極的な道が『神氏族メシヤ』です。

皆様もご存知のように、私は、拉致監禁の体験が二回あり、
その時に味わった、様々な思いがあります。
あまりいい表現ではないかも知れませんが、
簡単に言えば、「もっと大事に扱ってほしかった。。。」
ということです。

しかし、今度は、教会に戻ってきて、
自分自身が与える立場になった時、
果たしてどうだろうか・・・
自問自答すると足りない自分の姿を感じます。

家庭においても、妻や子供たちに対して、
自分の言動を反省することしきりです。

しかし、妍娥ニムの語られるごとく、
回りの兄弟姉妹、そして二世たちに対して、
自分の子供のように接するということは、
本当に真の父母様の心情圏を求めていかないといけないですね。。。

簡単なことではないかもしれませんが、
この関係性がまさに
天の願われる、
そして、私の本心が願っていた
そのような関係であることを感じるのです。







にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)






S__33054723.jpg



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443943569

この記事へのトラックバック