2017年03月10日

空前絶後、人類歴史始まって以来の私たち! 《金元弼先生の証し》



securedownloadlake.jpg


金元弼先生が導かれた時の証しです。
「人類歴史始まって以来の『集団』」


私は1946年、第二次世界大戦の終わった次の年に
北韓で文先生にお会いしました。

その当時、先生は26歳、私は18歳でした。
私は何も分からない年齢ではありましたが、
神と真理を求める強い心をもっていました。

私は叔母を通して文先生にお会いすることができたのですが、
その叔母の話によれば
「先生は若い方ですが、真理と神霊によって礼拝をされ、
歯を磨いている最中であっても霊界を見ることのできる方だ」
ということでした。

しかし私が直接先生にお会いした時の印象は、全く違っていました。


文先生は私を大切なお客様のように迎えて、
このような話をしてくださいました。

「あなたはいろいろなことを考えていますが、
常に中心を求めて考えるようにしなさい」と。

先生は、私自身ではなかなか気づかなかった
重要なポイントを教えてくださったのだと、
今もつくづく感じています。

そして、文先生は皆様が3日間かけてお聞きになった
原理の内容を私に短く話してくださり、
私は全部の内容を受け入れることができました。
また、自分が考えていたことを話されていると感じる点もありました。


先生は時々私を外に連れていってくださり、
「何か質問はないの?」と聞かれましたが、
私には何もありませんでした。

先生はそういう私に対して張り合いがないようで、
私が何か質問することを期待されていたようでした。

そして、先生は私に「あなたはたとえ分からなくてもいい。
(当時は教会ではなかったので)こういう集団は
人類歴史始まって以来のもので、
今後も現れないであろうということだけ分かればいいんだよ」
と言われました。

私は当時、その意味がよく分かりませんでしたが、
今になってようやく分かってきました。


そういう私に文先生は、
「あなたは神のみ旨のために
私といつまでも一緒にやってくれるのだろうか」
と質問されました。

それで私は、「はい」と答えました。
そうしたら、また聞かれましたので、
私は、「はい」と答えました。

するとまた聞かれました。
三度目に私が「はい」と答えると、
先生は再び聞かれはしませんでした。



お父様が金元弼先生に3回尋ねられたのは、
イエス様の時代、第一弟子のペテロが
三度不信した内容の蕩減復帰のように思わされます。

お父様は、教会を創立される前から、
「人類歴史始まって以来のもので、
今後も現れないであろう・・・」
そのように語られていたのでした。

私たちは、まさにその「集団」に属している者たちです。
そして、歴史的な大転換の時を歩んでいる者たちです。
もっともっと多くの人たちに、
正しく真の御父母様を知っていただけるように、
これからも歩んでいきたいと思います。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック