2017年03月13日

「原因があって結果があるんだよ」  私たちが、お父様、お母様を慕う理由(わけ)?! 



oosaka19650202.jpg
〈大阪〉


櫻井先生が生前、礼拝に来られた時の
お父様の証しです。
以前、ファミリーにも載ったことがあるので、
御存知の方もおられると思います。。。


1991年にお父様がご来日された時の証です。

大阪でみ言を語られた後に、
新幹線で東京に向かわれました。

途中、京都駅のホームに人だかりがありました。
お父様の乗った車両近くに多くの食口が
お父様を人目見ようと、待ち構えていたというのです。
みんな、涙、涙でした。

本部教会に到着された後、
同行された36家庭の先生方が、
「日本の兄弟たちは、みんな涙、涙で
お父様を慕っていますね。
何と深い心情、信仰を持っているのでしょうか」
とお父様に話をされました。

その時、お父様は、ポツリとこう言われました。

「君たち、原因があって結果があるんだよ。
先生ほど日本の食口のために涙を流した男はいないし、
先生ほど日本民族のために涙を流した者はいないんだよ」

 

青坡洞(チョンパドン)の旧本部教会には、
お父様が祈祷を捧げた部屋があります。
その机には、日本の金閣寺と
韓国の亀甲船の模型が飾ってあります。

お父様は、日本と韓国のために
涙を流して祈祷され、
そして、その涙が、一階まで滴り落ちた・・・
そのようなエピソードが残っています。

お父様の祈りの涙の一滴が
まさに私自身であることを思うと、
どれだけ感謝であるかしれません。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


      
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック