2017年03月26日

私たちの心の中には、真の父・真の母の原型がインプットされている?! ≪太田先生≫11



11898635_10205181563884001_3405378612937114048_n.jpg


太田先生のみ言、「真の夫婦の愛を求めて」続編です。

神様がどこにおられるのか、
その愛する相対(妻・夫)の背後に現れ、また
完全に一つになった夫婦に臨在するということでした。

一つになった夫婦は、親なる神様と同じ形
親、父母になるということでしょう。

そして、そんな真の親、真の父母になるため
神様は私たち一人一人に、
素晴らしいものを与えてくださっているというのですが・・・


以前、紹介した心理学の権威
河合隼雄先生ですが、
先生は、お父様のみ言を知らないのに、
本当に素晴らしい内容を語られています。

すなわち、

「私たちには二組の父と二人の母がいる。
一組の父母は自分の生みの親であり、
もう一組の父母というのは、
人間の心の奥底に潜んでいる。
すなわち、母なる者、または父なる者の
原型が潜んでいる」

このことを通して、
「そうか、私たちの心には、
理想的な原型がインプットされているのか。。。
ということは、絶対性の本体である神様が、
私の心に潜んでいるということだ・・・」
そのように思いました。


ですから、理想的な父親と母親が喧嘩する
このことは、理想的であるとは言えない
そういうことになりますね。

夫婦が一つであるということは、
絶対的本体である神様を表すことです。

ですから、自分の親が一つでないと、
自分の心の中にある理想的な父母にならないので、
心に葛藤が生じてしまうのです。
(文責:ten1ko2)



私たち一人ひとりの心の中に、
『理想的な父母がインプットされている』
これも画期的なメッセージですね。

仲の良い両親を願わない子供は、
一人もいないのではないでしょうか。

そして、全人類にインプットされているということは、
誰もが神の子であり、
人類は一つになることができるのだ、
そのことを感じます。

ただ、重要なのは、
やはり、夫婦が一つになることなんですね。。。

明日は、太田先生の証しを紹介します。
お楽しみに。。。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 06:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夫婦講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック