2017年04月07日

お父様に直接会えない皆さんへ?! 《金元弼先生のメッセージ》



wonpil19900918.jpg


今日も金元弼先生のみ言です。
今は、お父様も聖和されて直接会えない時代となりましたが、
そんな私たちや新しい人たちに
生前語られた心温まるメッセージです。


私は皆さんよりも
先にお父様に出会って、
そしてともにみ旨を歩んできました。
それは、もちろん
重要なことかも知れません。

でも皆さんは画面を通して
お父様に会っているんですね。
一緒に生活をすることなく、
真の父母様に会わないでいながらも、
み旨を歩んでこられました。

そう考えたとき、
私たちの観点から見れば、
真の父母様と一緒に生活をして、
み旨をやった、
それはどれほどいいだろうか、
と思うんですね。

でも、神様から考えたとき、
真の父母様から考えたとき、
全く違うんですね。

神様から見たとき、
一緒に生活して歩んでいる者と
直接会わないで、
み旨を歩んでいる者と
どちらが信頼できるでしょうか。

それは、皆さんのように、
一緒にいないにも関わらず、
歩んでいる人を
信頼できるというのです。

何故だかわかりますか。

それは、一緒に歩んだ者は
その方がいないときに、
いらっしゃる時と
同じようにやれるのかというのです。

それとは反対に、
一緒にいない時に
み旨を歩んでいる者たちは、
親がいなくても
出来る人たちなのですから、
親がいるとき、
すなわち真の父母様とともに歩めるならば、
どれほど熱心に歩むことが出来るでしょうか。

ですから、神様から見たときに、
皆さんのことを
確実に信頼できるんです。
親がいなくても出来た人ですから。

ですから、直接会っていた人も
貴重ですけれど、
会わないのに歩んでいる皆さんが、
もっと貴重なのです。



今日は陽暦ではちょうど金元弼先生の命日にあたります。
ご父母様に生涯近くで侍られた方として、
教会発足以前、平壌時代からの貴重な生き証人であられました。

さて、お父様と直接出会いたくても
出会うことができない今、
何よりも天の心情、お父様の願いは何なのかを
知っていきたいと思います。

そのためには、お父様の残されたみ言を学び
金元弼先生のような先輩方の証しに触れることも必要ですが、
何より、地上におられるお母様を通して、
お父様の願いに応えることができるのではないでしょうか。

それが、神様の願いであり、喜びであるということ。
そのことを肝に銘じていきたいと思うのです。







にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実に素晴らしい、の一言です。真のご父母様に直接近くで侍れない大多数の私達にとって大きな励ましと希望ですね。ご父母様から外的には離れていても、ご父母様がすぐ側にいらっしゃるような気持ちになり、力が湧いて来ます。神様がこれほどまでに愛の神様であられることに、涙が流れて来ます。ありがとうございました。
Posted by 神明忠昭 at 2017年04月08日 03:15
神明先生、コメントありがとうございます!今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by ten1ko2 at 2017年04月11日 17:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック