2017年04月17日

今日が『真のイースター』?! 82年前、お父様がイエス様と出会う?!  1935.4.17



10474735_1510934119139757_7839693350163467905_n.jpg


今日は4月17日です。
キリスト教においては、昨日がイースターですが、
私達、家庭連合においては、
今日が、『真のイースター』です。

1935年の今日、真のお父様は、
イエス様と霊的に出会われました。

毎年恒例になりましたが、ここで質問です。
その時、お父様とイエス様は、何語で話されたのでしょうか?

周藤先生が、ご自身の体験談をふまえ、
このことについて話されています。


お父様は昔、アメリカでインタビューを受けました。
その時に、イエス様から啓示を受けたことに
話が進んでいきました。

記者たちはこう質問しました。
「イエス様は何語で話されましたか?」

その時に、お父様はすぐさま、次のように答えられたのです。
「韓国語です」
その答えに、記者たちはみんなあっけにとられました。

私も若いころ、
実はイエス様から啓示を受けたのです。
その時の言葉は何語だったと思いますか?
日本語なんです。

じゃあ、イエス様は韓国語を話すことができるのか、
日本語が話すことができるのでしょうか。

私なりの解釈ですし、
正しいかわかりませんが、こう思います。

イエス様は想念だけを送られたのです。
その想念を自分の一番得意な言語に移し変える
私たちは特別なメカニズムを持っている、
そのように解釈します。

だから、お父様の得意の言語は
当然韓国語だから韓国語に、
そして、私は日本人ですから、
日本語として啓示を受けた・・・
そのように思います。
でも、これは、正しいかどうかはわかりませんよ。
(U−ONE TVより)



答えは、『韓国語』です。

やっぱりそうですよね。。。
霊界は心情の世界だから、
何語でも通じるのですよね。。。

周藤先生がイエス様と霊的に話をされたということ、
それも、とても貴重な証ですが、
以前取り上げていますので、こちらをどうぞ↓

イエス様に侍る方たちは、
霊的な真の父母の愛を受けて、
霊的な救いを受けました。

私たちは、真の御父母様を通して、
実体的な真の父母の愛を受けて、
霊肉ともの救いを受けた立場です。

復活したイエス様と出会った弟子たち120人が
一つとなって祈りを捧げ、
ペンテコステの役事を受けたことを思うと、
私たちも一つになって、祈りを捧げつつ、
それ以上の役事を受けていきたい、と思うのです。。。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック