2017年04月22日

(証し) お母様を国賓で迎えたい!!インドの奇跡、セネガル(アフリカ)の奇跡!



20170406^8.jpg
インド世界平和国会議員連合創設大会 4.7☆



徳野会長のメッセージが中和新聞に
紹介されています。
その中の一つ、奇跡的な証しをお伝えします。


趙誠一(チョウ ソンイル)・世界宣教本部長が世界で起きている奇跡として、
インドとアフリカの証を紹介しました。

インドでは、6年前は1人の食口しかいませんでした。
たくさんの迫害を受けた彼は、無実の罪で昨年投獄され、
6か月の牢獄生活を余儀なくされました。
しかし彼は、その牢獄生活の中で2人を伝道したそうです。

出獄した彼は一所懸命に活動し、
インドで影響力のある2人の国会議員を渉外しました。

その2人の議員が昨年、ネパールでの
世界平和国会議員連合(IAPP)創設大会に参加して感動し、
11月の米国での大会にも参加。

さらに今年2月、韓国でのIAPP設立総会に参加し、
真の父母様の思想やお母様のお姿に大変感動したのです。

そして、インドでのIAPP創設のために尽力した結果、
4月7日、国会議員124人が参加して創設大会が行われたのです。

1人の食口から始まり、2人の国会議員が
124人の国会議員を動員して創設に至ったのです。
まさにインドの奇跡です。


アフリカでは、セネガル、ザンビア、ベナンでの
奇跡的な証が紹介されました。

このうちセネガルの1人の大臣は、
ブルキナファソでのIAPP大会に参加して感動し、
2月の韓国での行事に参加してさらに感動したのです。
友人である大統領に話した結果、
「真のお母様を国賓として迎えたい」となりました。

そして、お母様の代身として特命総使が国賓待遇を受けた上、
セネガルにある600の学校で私たちが推進する
純潔教育の実施が決定しました。

このようにアフリカでは、真の父母様を国賓として迎え、
祝福を中心とした結婚観、純潔教育を青少年教育に
国家的次元で用いたいとの要望が寄せられています。




人口、世界第2位の超大国インド。
食口の数は、たった15名なのに、
120名の国会議員を動員しました。

セネガルの証しも素晴らしいですね。。。

時代の恩恵、勝利圏はここまで拡大、発展しています。
ただ、実践するかしないかが重要だと思います。

インドの証しを通しても、
基盤が問題ではなく、その人の決意が問題だ。。。
そのように思わされます。

教会長は常々言われています。
「出来るか出来ないかではなく、やるかやらないかです」
私たちも傍観者になることなく、
お母様が最前線で歩んでいるこの時、
やはり、実践あるのみですね。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449212860

この記事へのトラックバック