2017年05月12日

過去の足りなさを反省するだけではいけない?! 聖和5周年に向かう心構え1 《総会長》



18199188_10155312282039182_5939273016540937102_n.jpg


先日紹介したように、おとといの5/10から
真のお父様の聖和5周年に向けての
120日間の路程が出発しました。

総会長を中心とした出征式がなされ、
インターネット中継で参加させていただきました。
総会長のみ言を書き写しましたので、
ポイント部分を2回に分けて、紹介したいと思います。


私たちは、真のお父様が地上におられる時、
あまりにも申し訳ない歩みをしてきました。

しかし、皆さん。
私たちは、「足りなかった、申し訳なかった。。。」
そのようにして、過去の歩みに対して、
負債を反省するだけの者になってはいけないと思います。

毎日、希望と信念をもって、
天の父母様と真の父母様に、
私たちは成長した子供の姿として、

「これ以上心配なさらず、
天上で安心して見守ってください。
萎縮せず堂々と確信をもって
真の父母を証しすることのできる子女になります」

そのような心情をもっていく私たちにならなければなりません。

今回の120日路程で持つべき心構えを
四つに分けてお話ししたいと思います。


第一点目は『家庭連合の時代精神を自分のものにしよう』
ということです。

家庭連合の時代精神は5つに分けることができます。


@ 縦横の8段階を勝利された
真の父母様の路程を相続し、
祝福家庭としての理想を完成するのです。

そのためには、原理的な人生を勝利された
真の父母様の歩みを相続するために
原理のみ言をしっかりと学び、
また真の御父母様の路程をよく知ることが重要です。

そして、真の父母様が語られたみ言を
深く悟らなければならないと思います。

真のお母様は4月30日のみ言で、
「無知には完成がありません」と語られました。
ですから、原理・父母様の路程・み言を深く学んで、
無知を克服し、完成の道を歩んでいくことが出来るのです。


A 家庭連合時代は、個人救援の時代ではなく、
家庭救援時代であり、超宗教圏時代です。

ですから、すべての祝福家庭は、
夫婦が一つになるための人生をいきなければなりません。
そのために、一心・一体・一念・一和の精神が重要です。


B 孝情を基盤にした心情文化共同体をつくりましょう。
心情文化を実体的になし、定着させていきます。


C 主人意識を持つということです。

真の父母様は、縦横の八段階を勝利されました。
その勝利圏を相続することが、神氏族メシヤの勝利です。
そのために、私たちは、天一国の主人となるべきです。
すなわち、主人意識・主人精神をもって歩むということです。


D 先祖とともに生き、ともに成長するということです。

祝福家庭である私たちは、地上だけで生きているのではありません。
霊界の先祖、絶対善霊ともに住んでいます。
ですから、霊界の人たちと、ともに生き、ともに成長するのです。



総会長は7日間の断食を終えたのちに、
120日間の路程に臨まれました。
このみ言も本当に熱く熱く語られていました。

最初に印象に残ったのが、
過去を反省する者ではなく、
未来に希望を持ち、実践する者になろう、
そのような思いが伝わってきました。

私個人を見れば、本当に足りない者です。
「なんで私のような者が・・・」
そのような思いにさせられます。

しかし、私たちしかいないのだし、
私たちの背後には天の父母様、真の父母様がおられるし、
時代の恩恵圏、勝利圏があるのだ、
そのことを改めて知らされました。

心構えの二番目以降は
明日、お伝えします。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントします。
いつも素晴らしい活動をしておられることに敬意を表します(facebookで見ています)。

@についてはそのとおりだと思います。知がなければ何も始まらないと思います。

Aについては、今まで散々夫婦の仲を裂くようなことを言ってきて、今更何をという感じです。

Bは、本部が食口を本当に兄弟姉妹と思っているのか非常に疑問です。数年前に韓国江原道に住む韓日家庭の奥さんがご主人を殺害した事件がありました。私はその時の本部の対応が『今は韓国の所属なので・・・』という冷たいものであり、それ以来本部に対して非常な不信感を抱いています。少なくとも『韓国の所属であり韓国内で起きたことなので、詳細はわからないが元は日本の所属なので、彼女と彼女の家庭のためにお祈りしたい』くらいは言って欲しかったと思いました。

Cは、今まで主人意識を持つと叩かれました。出る杭は打つという感じでしょうか?本部がどれだけ変わるのか、現場の教会長や婦人部長、教区長や代表婦人部長レベルがどれだけ変われるのかとても疑問です。

Dはもっともです。そのとおりだと思います。

『過去を反省するものでなく』ではなく『過去の反省の上に』が正しいと思います。
本部に対して非常な不信感を持っている、一食口もコメントでした。
Posted by tenmondai at 2017年05月13日 16:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック