2017年05月24日

私たちが「神様の夢」となり、「世界の光」となる日!!  《真のお母様のみ言 5.9》



20170509_08.jpg


神様の夢、世界の光は、
真の父母であり、
祝福家庭です




アジアトップガン4期修了式で
青年たちに語られた真のお母様のみ言、
少し長いですが、全文を紹介します。


「一つの世界、一つの文化、人類一家族」といえば、
父母様が使われる言葉で生活することが原則です。

ですから皆さんは、
韓国語を勉強しなければなりませんか?
怠けていてもいいですか?

皆さんを見るとまだ幼い頃、「摂理の完成に責任を持つ」
と決心したその時が思い出されます。

その時は、私一人でしたが、
皆さんは兄弟がたくさんいますね?
ですから互いに助け合いながらがんばってください。


今まで皆さんが、父母様の生涯路程、
み言も、たくさん聞いて学びましたが、
天地万物を創造された神様、創造主・天の父母様には
夢がおありでした。

その夢は、人間始祖となることのできる人を通して、
神様が人類の真の父母となることでした。
それほどまでに天が待ち望んでいるその夢は、
父母です。
家庭です。

ですから今までキリスト教を信じて
地上を去った人々は天国に行けませんでした。

天国は真の家庭が入る所です。
真の父母によって祝福を受けなかった人は
考えも及ばない所です。

真の父母!
真の父母がどれだけ貴いか知っていますか?
真の父母によって新たな生命と新たな血統!
それが祝福の場に進んで行くようになるのです。
この祝福家庭が貴いのです。


私たち人間は、母親の胎中で約10ヵ月、
世の中に出てきて100歳まで生きるという
保障はなくても、地上生活が重要です。

なぜなら、天の摂理を知り、
真の父母様に会わなければならず、
真の父母様の教育を受けて
真の子女の立場に出ていかなければなりません。

そうでなければ天と関係がありません。
このような貴い贈り物を人類に下さった方が
真の父母です!

この真の父母を皆さんだけが知っていてはいけません。
全世界人類が皆知らなければなりません。
彼らに機会を与えるべきでしょう。


ところで、さかのぼって、キリスト教文化圏も、
キリスト教として出発していくまで
300余年がかかりました。

ローマから公認され、イタリア半島を中心として
ヨーロッパ大陸を経て、イギリスの島国まで経て、
上がっていきながら、大西洋文明圏 海洋摂理を通して、
大西洋文明圏の主役になっていたイギリスやスペインなど、
いくつかの国々は世界を征服しました。

キリスト教文化圏をもって出発しました。

しかし、イエス様の本質や神様を知らない立場から、
利己主義、個人主義によって、
当初はキリスト教を知らせ、施す立場にありましたが、
後には(他から)その文化を奪ってくる、
悪く言えば盗みを働いてきたのです。

皆さんがイギリスの大英博物館に行くようになれば、
その当時の植民地から収奪してきた文化が
その博物館にみな展示してあります。


しかし、私は太平洋文明圏時代を語っています。
今日、この時点に生きているアジアの全ての国々は、
真の父母様が誕生したこの韓国と
一つとならなければなりません。

今から100年ほど前、インドの詩聖タゴールが
このように言いました。
その時韓国は日本の植民地でした。

その時彼は韓国を眺めながら、
「コリア! その灯火が再び灯る日に、
あなたは東方の明るい光となるだろう」と。

その意味は、真の父母様によるもので、
光は真理です。
真の父母様のみ言によって
その真理が伝播されるのです。


それを受け入れる国は同時代圏で、同一です。
同一!
一つとなるのです。

しかしアジアにだけ留まることはできません。
世界に出なくてはなりません。

太平洋!
海洋を中心として世界に伝播される真の父母様の思想は、
ために生きる生活です。
施す生活です。

与え、与えて、忘れ、また与える、言うなれば、
真の父母様(の実体のお姿)を知らせることです。

真の父母様、天の父母様の願い、夢は
このようなものです。


堕落した世界に暮らしている人々も
良心作用によって善良に生きたいと思っています。
ですから、今日の4大宗教が出てきたのです。

宗教は善良に生きるように教えています。
しかし、最終的に、「どのようにしなければならないか」
その最終目的を知りません。

ただ、真の父母様を知る
家庭連合だけが分かっているのです。

それで、このみ言をもって世界に出て行くようになる時には、
世界の人々の中には、義なる人々がいます。
備えられた人々がいます。
この真理を聞くようになる時、
彼らはどれだけ感謝するでしょうか?

皆さんを通して真の父母の思想、真の父母に出会い、
真の父母に会うことが
創造主・天の父母様に会うことだと思う時、
感謝の涙を流すでしょうか?
流さないでしょうか?
感謝することでしょう。

それでまさに皆さんが(氏族の)救世主となるのです。
救世主です!


祝福家庭は氏族メシヤになりなさいと言いました。
氏族(の救い)で終わってはいけません。
世界74億人類を考えなければなりません。

年をとった人より、若者たちが
歩くのももっと早いでしょう?

皆さんの活力、皆さんの精力、
皆さんの天に対する孝情の心。
これが世界74億人類を生かす道ですが、
これが灯火でなくて何でしょうか?

皆さんによって世界人類が光を見るのです。
それは、真の父母を知るようになるということです。
これはしなければならないでしょう?

ありがとうございます。



20170509_21.jpg

2017.5.9 天正宮博物館
アジアTopGun4期修了式
(*韓日以外のアジアの青年リーダーたちの修練会)



青年たちは、希望だなと感じます。
真のお父様と直接お会いしていない青年たちも
この中には多いのではないかと思います。

今、真のお母様がこの地上におられることが
どれだけ感謝なことでしょうか。

その真の父母様を正しく証すこと、
ただ、知っているだけでなく、
その価値・貴さを伝えていかないといけないのです。

120日路程の重要な期間中に
もっともっと、意識を高めて、
孝情の心情をもって、歩んでいきたいと思うのです。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック