2017年07月07日

THE 興南! お父様の生きざまと霊肉合同作戦、夢で伝道?!  《金元弼先生の証言》



Hungnam_korea.jpg


金元弼先生の証し。
皆様もよくご存じの興南収容所での証です。


その後1ヵ月ぐらい経って、
(既決囚の部屋で伝道した金氏と先生は)
2人とも興南に移監するようになりました。

興南収容所では食事がとても少なく、
3ヵ月足らずで健康を害して多くの人々が死んでしまうのです。
そのぐらい食糧が少ないのに重労働をさせられるので、
なおさら衰弱してしまうのです。

先生がこの人は7ヵ月くらいしかもたないだろうと思われると、
本当にその人は7ヵ月足らずで死んでしまうというのです。

ところが先生は、この与えられた食事で
5年間を支えなければならなかったのです。


ご飯を大きなスプーンで食べれば数回で終わってしまうので、
ご飯一粒、一粒を数えながら食べることによって、
たくさん食べたという心理的な助けを求めた人もいたそうです。

それでも労働はきつく、お腹のすく生活が続くと体が弱って、
ある人は食べている途中で倒れてしまうのです。
そうするとそこにいる人たちの中で、
一番初めに発見した人が食べ残しを持って行くのです。

はなはだしいのは食べている際、石が混じっていて口から取り出すと、
それを持って行って食べるほどでしたから、
どれほどおなかがすいていたかを知ることができるのです。


それで先生はいかにして少量の食事で5年間を持たせるかを考え、
その食事の半分を分けて他の人に与え、
残りの半分だけを召し上がったのです。

先生はその半分を持って
「これが私が5年間食べるものである」と考え、
3ヵ月過ぎた後からは、その食事を全部食べるようにしたそうです。

それは「これが私の分で、
この半分は神が私に余分にくださるのである」と思い、
2人分を食べていると思うことによって、
お腹いっぱいになったと感じることができたそうです。


先生は獄中ではほとんど話をされなかったのですが、
労働をしていて昼間の時間に話をしてあけた人がいます。

その人は朴という人で、刑務所に収容された2千名の罪人の総監督でした。
その人の権限は大きかったのです。

先生はその人に、洗礼ヨハネが使命を
果たすことができなかったことについて、話をしてあげたそうです。
その人は若いとき信仰生活をして、
教会の助士(伝道師)まで務めた人でしたが、
その後教会を離れてしまったそうです。

ですから彼が先生のお話を聞くと大変反発し、
その日には先生の身辺にも大きな危険が訪れるようになったのです。
先生はたった一言「そうしてはいけないだろうに……」と言われ、
彼から離れたのです。


その夜彼は、苦痛を受けて眠れずにいると、白い姿の老人が現れ、
「あなたは596番が一体誰か知ってて反対するのですか」と叱るのです。

あまりにも苦しいので「すみません」
と言って謝ると、体が楽になったのです。

翌日先生は、同じような時間にまたその人に会って、
さらに信じがたい話をされたので、彼は怒りが込み上げて来たのです。

するとまたその夜も苦痛が始まり、白い姿の老人が現れて
「君はどうして分からないのか」と叱ったのです。
三回もそのような経験をしたため、
彼は先生の二番目の弟子となったのです。


彼は先生を知らなかったときには関心がなかったのですが、
先生を知ってからは少しでも簡単な仕事を
見つけてあげなければと思い、先生にそのことを話したのです。

ところが先生はそれを拒み、
反対に難しい仕事を自ら進んでされたのです。




お父様は、完全蕩減の道を歩まなければなりません。
そのような道を歩まれたお父様は、
私たちのお父様、私のお父様である。。。
そのことがどれほど誇りであるかしれません。

そして、そのようなお父様に
侍ることができることを心から感謝してやみません。

さらには、お父様を誇るだけで、
私は何もしていない人になるのではなく、
お父様の歩まれた道を相続する者に
ならないといけないことを改めて決意するのです。。。

続きます。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック