2017年07月28日

1万ドルが数千億に?! 皆さんの精誠は天に覚えられ、必ず返ってきます! 《特別巡回師》



19600411c.jpg


お母様が代身として送ってくださった
8人の巡回師の先生方。
真のお父様が共に来られ、
きっと全国で聖霊の役事が起こっていることでしょう。

8人というのは、韓国の8道を日本に連結するという意味ではないかと
教会長が言われていましたが、
8は、八大州にも通じ世界を意味するのかと思いますし
また再出発数でもあります。

金興泰(フンテ)先生のみ言で、
もう一つ印象に残ったところを紹介します。


アメリカで話題になったニュースを紹介します。
これは、実話です。

ある人が広告を出しました。
その内容はこうです。
「私は両親の介護をずっとしてきましたが、
もうこれ以上はできません。
私の親を引き取っていただけませんでしょうか。
もし1万ドルで引き取ってくれれば
両親を差し上げます」

1万ドルで年を老いた親を売りに出したのです。

ある孤児の夫婦が、このかわいそうな人を
親として引き取ろうと名乗り出ました。

そして、連絡を取り、指示された場所に行ってみました。
するとそこは大豪邸でした。
老夫婦に会いました。

「あなたたちが私たちを買ってくれるんだね」
「はい」
「そうですか、それはそれは、本当にうれしいです。
実は、広告を出したのは息子となっているけれど、
そうではなく、私自身が広告を出したんですよ」

実は、その広告を出したのは、
息子ではなく、ご本人だったというのです。
子供がいないし、身寄りもなく、相続をどうしようかと悩み
広告を出すことにしたのでした。

それで、この夫婦は、1万ドルを出そうとしたのに、
豪邸を含めて、数千億ドルを相続することになったのです。


みなさん、心配しないでください。
皆さんの精誠は天の前に記録されています。
貢献した内容も苦労もすべて覚えられています。

祝福家庭は、先祖の功労が違います。
(真のお母様に3代の基台があったように)
皆さんの母、祖母、3代の人たちが、
たとえ家庭連合の信仰はなかったとしても
精誠を尽くしてこられたのは間違いありません。

日本の祝福家庭は世界復帰に責任を持ってきました。
お父様はよく知っておられます。
すべて返してくださいます。

これから先祖たちが協助します。
(数倍、数十倍になって返ってきます。)

問題はこれから、お母様を中心として
絶対信仰で成し遂げるということです。


皆さんは、忍耐して、忍耐して、忍耐してこられました。
お母様は、世界摂理のため、お父様の願いを果たすため、
忍耐して、忍耐して、忍耐して…。

そのようなお母様の心情がわからないなら
謙遜になるべきです。

文責:ten1ko2



7年間ジャルジンで、ご父母様と共に過ごされ、
釣りの餌をいつも付けて差し上げたのだと
懐かしそうに話された金興泰先生でした。

日本を巡回しておられる8人の先生方は、
みなご父母様に直接侍ってこられ、
様々な実績を立ててこられ勝利してこられた
方々ばかりだと聞いています。

教区に来られた文平来(ピョンネ)先生も
高齢ですが、命がけで来られたと聞きました。

金興泰先生が1800双で一番お若いということで、
それでも69歳の大先輩ではありますが、
み言を語る時には堂々とされていました。
ところが、私が行きのドライバーを担当したのですが、
実は、お疲れでずっと休んでおられたのです。


最後にお父様が好んで歌われた
「しあわせってなんだろう」を
お父様の映像とともにみんなで歌いましたが、
みんなお父様を感じ、多くの人が涙していました。。。

きっとお父様も共に来られていたことでしょう。
私たちもとても復興し、身も心も洗われたような
気持ちになりました。

うちの教会のある婦人は、その日は
とても体の調子が悪かったということですが、
み言の後、握手をして頂いた瞬間、
まるで聖霊の役事のように
体の辛さがなくなったと言っていました。


私たちは、「真の父母様のため」
そのように信じて、天に無条件で捧げてきました。
実際に何に使われたのか、
細かいことを知る由もありません。

しかし、天の前に精誠を捧げた、
その心情は天が覚え、
多くの実りを天は約束しているというのです。
例え、誰が何を言おうとも。。。

貴い場にいるし、貴い歩みをしているのだ。。。
そのことを改めて感じた今回の集会でした。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック