2017年07月29日

紫の光と雲の柱?! マレーシア宗教指導者、5千人大会を要請! 《5つの恩恵 徳野会長》1



20170715-8.jpg


徳野会長のメッセージ。
最近の恩恵あふれる証し、情報を
5つの柱で紹介されていますが、
今日は5番目だけピックアップして紹介します。



「聖火式」の勝利を土台に爆発的伝道を

第5の柱は、7月23日、北海道・帯広の「聖火の郷」で行われた
「天運相続孝情還元祈願聖火式」です。

約3000人が集い、61万枚の「天運相続孝情所願成就書」が奉納されました。

お母様は清平で、環境問題や安全対策上の理由から
水に溶ける紙で作った祈願書を奉納するよう指導されていますが、
世界で唯一、帯広の「聖火の郷」での聖火式は許諾されています。


興進様と大母様を中心とした霊的な役事の土台の上で、
今は、霊界におられるお父様と地上のお母様が完全に一体となり、
真の父母様が直接主管される中、
全世界に奇跡的な霊的役事の恩恵がもたらされています。

マレーシアのある宗教指導者は、現地での清平特別集会で霊的な恵みを受け、
「今度は、5000人の大会を開いてください。私が一人で動員します」
と申し出てきたそうです。

今回の聖火式の勝利を土台に、
全国で「祈願書伝道」「書写伝道」を爆発的に展開してまいりましょう。



マレーシアの証しの詳細です。

清平スタッフが、アジアの巡回、
マレーシアに訪れた時のことです。

ホテルの会場で600名くらいの集会をしたとき、
食口ではない、ある女性が参加しました。
マレーシアのある既成家庭の知り合いです。
この女性指導者は、自分のもとにいる
65名の人たちと参加しました。

この方は、霊界にとても関心があります。
特に先祖の解怨に対して、特に興味を持たれて、
世界中を回りながら、集会に参加しています。

普通、清平役事に初めて参加する人はびっくりしますよね。
大きな声で聖歌をうたい、体中たたいたり。。。
ところが、この女性の霊眼が開いて、
始まったとたん、紫と黄金の光が
ホテルの会場を埋め尽くしたそうです。

この方は霊界の階級を光の色として、高低を判断しますが、
天国の色は紫で、今まで見たことがなかったといいます。
この修練会が始まって、紫と黄金の色に包まれ、
外を見ると、雲の柱も立っているのを見ました。

それで、この会場の近くに大きな施設があり、
5000名が入るところがあるんですが、
彼女が言いました。
「マレーシアに毎年来て、ここで修練会を行ってください」

マレーシアの教会長は、
「いや、うちの基盤はそれほど大きくないので、
5000名なんて難しいと思います」そのように言うと、
「私一人で5000人動員します」
と言ったそうです!!


私たちは霊的にあまりにも鈍いのですが、
わかる人にはわかるんだな、と思います。
日本においてもこのような役事が来ることを願ってやみません。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック