2017年07月30日

平和は私から始まる! マディソン・スクエア・ガーデン2万人が大復興、超宗教フェス 《5つの恩恵》2



20170716_11.jpg


真の父母様の直接主管圏内で
祝福を受けたということが、
どれだけとてつもない祝福であるか、
知っていますか?



徳野会長の5つの柱の一番目、
マジソン・スクエア・ガーデンの内容と
翌日、祝勝会でのお母様のみ言を紹介します。



米国の再復帰に向けたお母様の強い決意

第1の柱は、7月15日、米国・ニューヨークの
マディソン・スクエア・ガーデン(MSG)で行われた
2万人の超宗教フェスティバルです。

「PEACE STARTS WITH ME(平和は私から始まる)」
のテーマで大勝利を収めました。

1974年9月18日、真のお父様がMSGで
スピーチをされてから43年を経て、
真のお母様は、米国の再復帰に向けた強い決意を込めて、
次のように語られました。


堕落した人類は、
真の父母によって生まれ変わらなければ
神様のみ前に帰ることができません。
これが家庭連合で推進する「祝福」です。

摂理の中心国家である韓国、日本、米国が
一つとなって孝情の心情文化革命を起こし、
アジア太平洋文明圏時代を開くのです。

そして五大洋六大陸で、祝福家庭と
青年学生連合の若者たちが立ち上がり、
世界の希望のともしび、光となれば、
74億人類が集まってくるでしょう。

真の父母と一つになり、
自らの氏族、家庭、地域、国において
「ために生きる」真の愛を実践する時、
神様と真の父母様、人類の願いである
「人類一家族」が実現するのです。



また参加したVIPの方々は、米国の偉大な洗礼ヨハネ≠ニして、
真の父母様の栄光と天の権威を見事に証しました。

グラミー賞受賞のゴスペル歌手、ヘゼカイア・ウォーカー牧師は、
会場の2000人の聖歌隊を率いて素晴らしい合唱を披露。
トランプ大統領の就任式(1/20)で祝祷をした
ポーラ・ホワイト牧師が報告祈祷を捧げました。

祝辞を述べたイヴェット・D・クラーク米下院議員、
講演者紹介を行ったシカゴのT.L.バレット牧師夫妻、
挨拶に立ったダン・バートン元米下院議員は、
それぞれの経験と立場から、
真の父母様の偉大さについて力強く証しました。

文化公演では、韓米のメンバーで結成されたアップルヘブンの演奏、
二世圏の若者700人による「無条件」のダンスが会場を沸かし、
グラミー賞4度受賞のゴスペル歌手、
ヨランダ・アダムスさんがフィナーレを飾りました。




20170716-01.jpg


皆さんはとてもラッキーです。
幸福な人々です。
真の父母様によって祝福を受けました。
真の父母様によって新しく生まれました。
それ以上人類が願うことが何があるでしょうか?

それなら、皆さんの人生は孝情の心情で
天の前に毎日喜びと頌栄を捧げながら
地上生活を生きなければなりません。

将来74億人類が皆神様の懐の中に
帰ってくるまでには時間がかかるでしょう。
摂理の原則に従って祝福は継続していくことでしょう。

しかし真の父母様の直接主管圏内で
祝福を受けたということが、
どれだけとてつもない祝福であるか、知っていますか?
知りませんか?

そうであるなら、
皆さんは責任を果たさなければなりません。
なんとしてでも真の父母様が地上にいらっしゃる間に
皆さんは責任を果たさなければなりません。
孝子・孝女、忠臣の位置に進んで行かなければなりません。

永遠無窮に尊敬を受け、祝賀され、誇らしく、
皆さんの子孫が末永く賛美することでしょう。

そのような道を行くのですか、やめるのですか?
(行きます)
一生懸命にしなさい!
(はい)
真の父母様マディソンスクエアガーデン大会祝勝会 朝食会
イーストガーデン



今回のマジソンスクエアガーデン大会も
様々な証しがあったそうです。

キリスト教会の有名な牧師のメッセージや祝祷、
2000人の聖歌隊、本当にキリスト教会から、
私たちの活動が受け入れられていることを感じます。

細かいことはわかりませんが、
実際、キリスト教会のメンバーたちが、
大会動員の取り組みをして、
多くの人たちが参加することになったそうです。

いよいよ、9月7日に開催される、
お父様の聖和5周年まで40日を切りました。
真のお母様が、
「真の父母様が地上にいらっしゃる間に
皆さんは責任を果たさなければなりません」
と語られているごとく、
精誠を捧げていきたいと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック