2017年08月12日

悲しみに出会うたび、あの人を思い出す… 苦痛の中で知る天の真の愛! 《李ヨハネ先生》



10407064_292801110897068_5316650417822251698_n.jpg


李ヨハネ先生のみ言。
「苦痛の中での『信従』」より
「ある人の驚くべき復活体験」を紹介します。


少し前に、ある人がとても驚くべき話をしてくれました。

自分の妻が練炭のガス中毒で意識不明となり、
この世を去るというので、あまりにもぼう然となり、
「永遠の祝福であるのにこうなりえるのだろうか」
と思いつつ、数時間、意識不明の妻の顔をのぞき込んでいたら、
自分の意識が混沌となり、ふらっとしたそうです。

ついに完全に息を引き取った妻の死体の前で、
本当に去って行くのかと思うと、一層意識が混沌としたというのです。

その時、その人は先生の苦痛の事情に通じながら、
自分の心が復活したそうです。

「先生は私を苦痛の中から救い出す方なんだなあ」と、
本当に先生は偉大な方だと思ったというのです。


耐えがたい苦痛の中で先生の偉大さを悟ったというのは、
驚くべき経験です。
そういう逆境の中で天を中心とした事情と通じるというのは、
当面してみない人には想像もできないことです。

自分の苦痛なんかは何でもなかったそうです。
先生の苦痛が感じられ、それに比べれば何でもないことで、
自分はふらっとして倒れたというのです。

神の苦痛が私たちの苦痛と通じてこそ、
その苦痛という圏内から逃れるようになるのです。
その時、感じられる喜びは何に比べることができましょうか。


夫人の顔が硬くなりつつあるのに、
その人は先生の苦痛とぶつかった瞬間から、
心が悲しみから解放され、神の愛を体験しました。
瞬間的にこの人は妻の死亡を経て復活を体験したのです。

きょう、私がはっきり言いたいことは、
自分の苦痛と神の苦痛が通じる時こそ、
愛によって復活するということです。

全人類の苦痛を合わせても比較にならない神の苦痛だからです。
苦痛をたくさん受けた人こそ、
他の人の荷を引き受けることができます。


子の悲しみは母の懐で解決されるのと同様に、
人間の苦痛は神の苦痛によって解決されるのです。

神の苦痛を悟り、自分の苦痛の領域から脱して
愛の世界に入っていくこと、これが本当の復活です。

自分自らが苦痛の中で見いだした愛だからです。
苦痛の中で神の愛を探し出した人だからです。

これは自分自らが掘り出していってこそ、自分のものになるので、
私たちが行く道は本当に険しい道です。



ヨハネ先生が語られているように、
「自分の苦痛と神の苦痛が通じる時こそ、愛によって復活する」
これは本当に真理であると思います。

また、これは頭で理解するということよりも
心情で感じていく世界なのだと思います。
ですから、原理というものは、もちろん知的に理解するものでもありますが、
どんな人でも受け入れることができるのは、心情に通じるからです。

そして、神様は目には見えませんが、
その心情に完全に通じている方、
すなわち真の父母様に通じることを通して、
私の心情は解放されるのです。

真のお父様に心から感謝いたします。
真のお母様に心から感謝いたします。

続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:03 | Comment(1) | 信仰生活・信仰講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
神様の事情の心情は、人類の悲しみからの解放ですよね。
ならば、何故に人間的な悲しみを植え付けようとする教会長達が存在するのでしょうか?
Kは喜んで心は解放されて家庭は円満な理想から遠くなっていくのは復帰摂理上仕方ないのでしょうか?
Posted by 花火と案 at 2017年08月12日 11:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。