2017年10月16日

お父様と霊界が10倍100倍協助する! お母様を中心とする家庭連合 ≪世界本部長≫4



22527975_10155819841759182_4792248726106571568_n.jpg
真のお母様 神奈川大会10.15☆


趙誠一(チョウ ソンイル)世界本部長のお話の〆となります。
真のお母様に随行され、昨日の神奈川大会にも、来られていましたね。


第三に、お母様はとても具体的です。
曖昧にされることがありません。

今回も、HJ・GUNG(宮)を始め、
マグノリア、天地鮮鶴苑、
そして、孝情学術苑、孝情カフェだけでなく、
全ての行事を細かくチェックされました。

鄭元周(チョンウォンジュ)室長がいつも話されますが、
トイレの紙がどこに置かれているかまで、
細かくチェックされながら、
限りない精誠で、今回の準備をされました。


私はこう思います。

天の父母様、真のお父様とともに、
全体的な青写真、国家の復帰、
世界の復帰に対する青写真をすべて作られたなら、
お母様はその部屋を満たしていくことによって、
私たち統一家の指導者、食口だけでなく、
全ての人々が否定する余地がない、
天一国を見せて差し上げることができるだろうか。

そのための具体的な摂理を導いていらっしゃるのが、
お母様なのではないかと思います。

国家の復帰も同様です。

父母様は伝道と伝道環境創造、
未来人材育成に対して、何一つバランスが片寄らない立場で、
具体的に私たちが担った町、地域、国、大陸、
全世界を復帰するための
具体的な摂理を進めておられるということを
私たちは忘れてはなりません。


最後に、お母様は全体が一つになって、
進むことを望んでいらっしゃいます。

昨年6月から、このHJ天苑において、

「父母様に侍ることにおいて、
ただ外的に侍るのではなく、
このHJ天苑団地にいるすべての公職者たちは、
父母様の摂理を知り、アイデンティティを知り、
父母様の位相を知らなければなりません!」


そのための教育を毎月月初めにしていらっしゃるのです。


この天城旺臨宮殿が立てられるとき、
父母様は私たちに質問されたことがあります。

「お前たちは私を信じているか?」
みな、「はい!」と答えました。

次にお父様は、
「あなたたちは私のことを知っているか?」
誰も答えられませんでした。

私たちは本当に真の父母様については、はっきりと知っているのか、
そしてどれほど深く知っているのか。。。


しかし、お母さまは具体的に見せられる姿を
一つ一つおつくりになり、
私たちを教育してくださいました。

お母様は、天はすでに多くのことを
準備されたとおっしゃっています。

1979年のお父様のみ言によると
お父様が霊界に行かれたあと、統一教会は滅びるのではなく、
むしろ10倍、100倍いっそう霊的に役事されながら
ともに歩まれるというのです。

そして、多くの指導者と食口たちが、夢で幻想で、
天の父母様が、特にお父様と霊界の興進様と孝進様が
お母さまを助けてほしい助けてほしいと
懇切に願われている姿を見ています。

私たちは孝情の心情を相続して、
真の父母様の代身として歩んでいきたいと思います。
ありがとうございました。   (文責:ten1ko2)

2017天一国指導者総会
趙誠一世界本部長、閉会の辞
9.10



お母様は大胆であられ、懇切であられ、
そして、具体的な方であられるということ。。。
本当にお母様のご指示通り行えば、
そのごとくに、導かれていくのです。

しかも、霊界の協助があるということ。
このことも忘れてはいけないと思います。
10倍、100倍、というのですから、
お父様、興進様、孝進様の協助は、
さらにすさまじいものになっていきます。

やはり、地上の私たちが重要だということですね。
教会長はいつも言われます。

『できるか、できないか、ではなく
やるか、やらないか、です。
結果は神様が主管します」

実践あるのみですね。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。