2017年10月31日

今日は宗教改革500周年! 日本は日本のために生きず、世界と神のために!! 《朴普煕先生》



830a79d6f0a37787af7b0b6d98e387ec-300x217.jpg


☆今日は、500年前、
マルティン・ルターが
宗教改革を起こした日☆


朴普煕(パク ボウヒ)先生が20年前に
語られたみ言、今日は最終回です。


このような運動を通して、日本の統一教会が祝福の目標を勝利し、
百万の教勢を実現するならば、日本は絶対に沈没したり滅びたりなどしません。

反対に日本は栄える国となり、そればかりでなく、
エバ国家として世界をリードする国となっていくことでしょう。


今、世界に日本の宣教師や女性たちが派遣されて活躍しているということは、
神様が世界を日本の懐に任せたということです。

「日本よ、やってみなさい。
世界を、地球を全部預けるから、やってみなさい」ということです。

それは、日本が世界の親になるということです。
このような偉大な使命を日本は与えられたのです。
このことを考えると、“こんなにまで日本を愛してくださったのか、
こんなにまで期待してくださったのか”と、胸がわくわくします。


私は今、日本で総会長を務めて三年目になりますが、
この三年間に偉大なる日本の伝統を学び、日本人の精神を学びました。

そのことを通して、日本には神様が希望をかけられるに値する、
素晴らしい民族性があることを知りました。
そうして私は、日本に大きな希望を持つことができたのです。

それは、日本が日本のための日本になってはいけない、
世界のための日本、神様のための日本にならなければならない、ということです。

それが内村鑑三の有名な言葉、
「私は日本のために、日本は世界のために、
世界はキリストのために、そしてすべては神のために」ということです。

このような思想が日本に広まって、全国民がこのような姿勢で実力を発揮し、
特に経済力をもって世界のために尽くすという観点に立ち戻れば、
日本の将来は輝かしいものとなるでしょう。

「統一教会創立43周年に寄せて」
1997.5.1


20年前というと、家内が世界宣教からいったん帰り、
私たちが家庭を出発した年です。

お父様が日本をエバ国として選んでくださったがゆえに、
神様の祝福が与えられました。

また、母として、子供を産み育てるがごとくに、
多くの国々に、宣教メンバーを派遣していきました。

このことがどれほど、日本に天運をもたせたのか、
それを思うと、私たちの足りない歩みも
天に貢献しているのかな、とも思わされます。

さらに日本のため、そして、世界のために
まい進していかないといけないと思います。


さて、今日10月31日は、巷ではハロウィンですが、
いまからちょうど500年前、
ドイツの神学者、マルティンルターが宗教改革を起こした
記念すべき日だということです。

朴先生は、内村鑑三の名言を語られましたが、
私たちも、真の宗教改革運動を起こしていく、
そんな決意をもって、出発していきたいものですね。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:20 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
徳野会長も、内村鑑三がお好きみたいですが
私は新渡戸稲造が好きです。
何故なら、内村鑑三は日本に於いてはキリスト教の父でありキリスト教初期の信仰を唱えて来られ立派な方です
新渡戸稲造は、キリスト教になぞられ、世界の貧困や混乱を見て世界から認められた方です。
生涯を見ると、どちらが正しいのかを考えさせられます。
新渡戸稲造が、もう少し頑張って頂くと世界大戦は起こらずにすんだのにと思うと残念です。
Posted by 花火と案 at 2017年10月31日 12:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。