2017年12月30日

真のお母様に感謝します! 2017家庭連合10大ニュース!! 〈前〉



171230.jpg


目まぐるしかった2017年も、いよいよ終わりが近づきました。

基元節、御聖誕祭、聖和祝祭…
アメリカのマディソン大会、
韓国での8万名大会、
日本の東京・神奈川・名古屋・大阪大会…と
記憶するだけでも、多くのことがありました。

家庭連合の10大ニュースがまとめられていましたので、
今日、明日で紹介していきます。



真の父母様御聖誕 基元節4周年

天一国5年、天の独り子、独り娘!
「真の父母」として勝利されたご生涯が、
全世界の希望として輝く「真の父母様の御聖誕節と基元節」。
真の父母様はこの期間、全世界の政治家と宗教家、
そして言論人までも教育され、真理のみ言を全人類に伝えてくださいました。

また、第二回鮮鶴平和賞授賞式が開催され、
「科学の統一のための国際会議」が再び行われる意義深い場が設けられました。
統一家の指導者たちは、2017天一国指導者総会を通して、
真の父母様との一体化、真の父母様を宣布、
成長と和合の環境造成を決意し、天一国5年の勝利を決意しました。



伝道環境創造


新たな創造がなされる天一国時代!
世界平和国会議員連合の創設により、
天宙平和連合の実体的基盤を拡大してこられた真の父母様!


お母様のみ言
皆さんの国の民を救い生かす国家のメシヤとなられることを祝願します。

勝利の基盤の上に開催された「世界平和国会議員連合世界総会」には、
123カ国の現職国会議員約600名が同参し、
真の父母様のみ旨と一つとなった現職国会議員約2000名が心をひとつに、
今年、世界平和国会議員連合の国家単位での創設大会が、
約40カ国で勝利的に奉献されました。

これと共に天暦9月!
真の父母様のみ旨とビジョンを中心として創設された世界平和宗教人連合!
70カ国から集ったおよそ20の宗教指導者500余名は、真の父母様のみ言に従い、
世界平和のための宗教人の役割について自覚し、
宗教と国境、人種を超越した人類平和世界のために、
新たに生まれ変わることを天の前に誓いました。


セイク・マンスル・ディウフ セネガル ムライド教 ダカール州首長
真のお母様は、宗教のために来られたのではなく、全人類のために来られました。
そして今日のイスラム教には真のお母様が必要です。

これによって、真の父母様が発議され提唱された
世界平和国会議員連合と世界平和宗教人連合は、
名実共にアベル国連の宗教と政治!
二つの軸となり、平和世界の新たな道を切り開きます。



HJ天苑プロジェクト 「天地鮮鶴苑起工式」

HJ天苑を天一国の中心首都であり、
新エデンとして創造しておられる真の父母様!
天地鮮鶴苑起工式は、人類の子孫万代のための孝情の愛が
HJ天苑に実体的に定着する祝福の時間でした。


お母様のみ言
これからこの場所が建立されることによって、
あなた様の夢、人類一家族、地上天国をつくって差し上げます。

HJ天苑摂理はただの建物の建設だけではなく、
私たちの人生が新たに生まれ変わることの必要性を悟らせて下さった真の父母様!
Vision2020が奉献されるHJ天苑は、
真の父母様の摂理が永遠に続く世界人の聖地となるでしょう。



希望前進大会 2017

今年一年間、希望前進大会を12回にわたり主管してくださった真の父母様!
摂理の中心国家・韓国と日本、アメリカでの大会は、
地域と社会、国家で大きな覚醒を起こし、
Vision2020勝利に向かう起爆剤となりました。

韓国では平和市民と祝福家庭2万2000余名が参加した
「希望大韓民国! 対国民和合統一前進大会」を皮切りに、
五つの圏域の大会と、各地域において大会が開催されました。
対立と分裂の世に生きる為政者や国民を覚醒させた前進大会は、
「韓半島平和統一世界大会」の勝利へと続き、平和の波を作りだしました。

アメリカでは各界の指導者をはじめとする
43カ国の市民約2万名が参加する和合統一前進大会
および孝情文化祝祭が開催されました。
歴史的な聖地、マディソン・スクェア・ガーデンには、
神様の下人類一家族の夢が描かれました。

最後の大会は、世界宣教の第一線で勝利の功績を立てている日本で行われました。
孝情で一つになった日本の食口たちは、
47都道府県一万人食口基盤勝利奉献を決意し、
昼夜なき限りない精誠を注いできました。
その結果、東京と神奈川、愛知、大阪で、
一万人食口基盤勝利大会が奉献され、
このような実績はVision2020勝利のモデルとなりました。


お母様のみ言
天の父母様に侍る国、神日本。
世の前に真の父母の愛、孝情心情文化革命の旗印を掲げ、
堂々と世界の前に真の父母様と天の父母様が共になさる
私たちであることを私たちの運動であることを、
誇らしく伝播していくよう願います。


今年の最後の大会が開催された大阪では、
天の父母様に侍る新しい国、国民になることを祝福して下さった真の父母様が、
天に対する孝情の愛で全世界を明るく照らしてくださいました。



伝道「特別戦略国家」を中心とした国家の復帰および神氏族メシヤ活動


宣教戦略苑と特別戦略国家を中心とする国家の復帰、
神氏族メシヤ活動も大躍進を遂げました。

30万から100万名の食口基盤の成長を遂げ、
最も多くの神氏族メシヤ家庭を排出したアジア大陸!
UPFを中心とする指導者伝道基盤と政府次元の純潔運動など、
様々なアウトリーチ活動を通して大々的な伝道が展開され、
アフリカ大陸では族長と宗教団体長たちが、
「人類の独り子、独り娘として真の父母様」を証しし、
氏族と教会単位の祝福式を挙行し、国家復帰の基台が造成されています。

ケニアでは、1000名のビショップが復帰され、
ザンビアでは、部族長200余名が伝道されました。
ジンバブエで800万人の信徒を率いるウンダンガ大主教は、
自身の宗教団体の復帰を宣言し、活動に拍車を掛けています。


ヨハネス・ウンダンガ - 大司教 ジンバブエ使徒教会議会議長

真の父母様の教えを受け、聖書的な教えを悟ったため、
私は数多くの信徒を保有する約三千の教会を率いる指導者として、
世界市民としての責任を果たすでしょう。
私は信徒自体を教育し、祝福を進めており、
これからもこれを続けていくでしょう。



世界の基盤はどんどんと拡大しています。
先日も趙誠一室長の講話がありましたが、
家庭連合、統一運動は、世界のいたるところで、
基盤が拡大し、多くのVIPたちが賛同してくださっています。

また、アフリカの証しも紹介されていましたが、
ある国では、2000組の祝福が行われ、
真の父母様の代身として立たれた方が、
一組一組に聖巾を渡して、
40日聖別、三日行事など、本当にしっかりと教育して、
祝福家庭として出発をする、ということを聞きました。

ただ形だけではないし、
このような家庭が増えていけば、
アフリカは聖まっていくだろうし、
天の運勢はさらに拡大するだろうな、
そのことを思わされました。

後半は明日に。。。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 07:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。