2018年01月10日

(証し)啓示、啓示、啓示! 迫害に次ぐ迫害の中で… 《池承道ハルモ二5》



180110.jpg


池承道ハルモニの証し、
続編です。


私は全面的に先生に待る為に
釜山に来てからは裏の山に祈祷の場所を決めて、
朝晩そこに登って行って天のみ旨が成されることを願う祈祷を捧げました。

そうしたところ、天の秘密が地で成されること、
そして人類が一つに合わされることを、
すべて教えてくださるとおっしゃって下さりながら、

「お前は文先生だけを信じて、従順屈服しなさい。
そして精誠をすべて捧けて祈祷をたくさんして見つけるものを、
すべて見つけて霊界を隅々まで全部通して先生に報告して差し上げて、
天のプログラムに合わせて差し上げるのに不足なものがなくて
初めてお前の責任を果たすことができるのだ。」
とお言い付けになるのでした。

私は天から私に与えられた祈祷の使命を果たす為、
一日も欠かさず凡一洞の裏山の祈祷場所でお祈りを捧げました。

特に天の命令に従って百日祈祷を捧げる途中に生命の水と、
本然の万物の姿を見ましたし、
新しい天と新しい地の世界もみることができましたし、
霊界に入って行って先生と聖霊的お母様にお目にかかって敬礼を捧げたりもしました。


私は大邱(テェグ)に帰ってからもずっと祈祷生活をしました。
七月九日の明け方四時半に起きて祈祷を捧げているときに、
幻でイエス様が顕れました。

「承道姉も先生と一緒に仕事をうまくやることを願うよ」
と言われてお消えになりました。


李ヨハネ牧師が大邱にいらっしゃった後、
私たちは鳳山洞に落ちついて食口たちを集めはじめました。

李牧師は原理講義をして、私は祈祷を通して彼を協助しました。
そうすると始めは三人が集まったのがだんだんその数が増えるのでした。

このようなときに釜山を発たれた先生は、一旦ソウルにいらしゃった後で、
大邱にいらっしゃって劉孝元先生が入教したという知らせをお聞きになって、
十二月二四日に釜山にいらっしゃって影島で彼を中心とした十余名に
約二一日間原理講義をしてくださって再び大邱に来られました。


当時釜山では聖霊の役事が盛んに起こって、全食口が皆啓示を受けました。

ある学生は霊界を通して先生の存在と韓国を中心としてみ旨が成される、
そのすべての事実を知るようになりました。

そうかと思えば、ある食口が自動書記で啓示を記録したのですが、
その内容は「天の息子がいらっしゃったので侍れ」ということでした。


一方ですでに先生の後を追ってソウルヘ上がっていかれた第一のお母様は
最後まで先生の心を家庭的な方向に取り戻すために、
再び先生の後を追って大邱におりて来られたのでした。

従って多くの妨害の役事をキリスト教徒たちと一緒に始めました。
私たちは妨害工作によって集会場所を
ボンドク洞、トンサン洞、トンイル洞、テボン洞などに
およそ十四回も移さなければなりませんでした。

しかし先生を中心とした天の新しい摂理の方向は
微塵も変更することはありませんでした。


大邱ではこのようなことがありました。

鄭ドクキ勧士という婦人食口がいたのですが、
その夫は南山教会の長老でした。

鄭勧士が私たちの集会に出ているという事実を知って、
あらゆる方法で行けないように説得したのですが、
効果がないので、暴行で妨げようとしました。

それでも説得が駄目なところ鄭勧士の頭を刈ってしまった後に、
手に手錠を掛けて部屋の中に閉し込めまでしましたが、
とうとう変わらず出てきてしまったのでした。

そうかと思えば原理講義を引き受けてしていた李ヨハネ牧師も
薬局を経営する鄭東烈という人から、
無数に鞭を打たれたこともありました。


このように迫害がひどくなるに従って私も耐えることができなくなりました。
アンジランイ山に登って行って、熾烈な祈祷を捧げました。

するとあるときは「心配するな。お前の先生が解明して立てた原理が近い将来、
韓国の各地に全部伝播してしまうだろう」
と天から御言をくださるのでした。



草創期の迫害は、お父様だけでなく、
先輩たちも受けられていたのですね。
そういう道を乗り越えてこられた
先輩たちにも感謝の念が堪えません。。。

頭を坊主にされても
また、手錠をかけられても
それでも越えてこられた方がいたことも
以前聞いたことがありましたが、
本当にお父様を慕っていかれました。
そういう世界を相続しないとと思うのです。。



にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:14 | Comment(0) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。