2018年02月12日

(証し)人見知りの2世が祝福!! 実はそれからが大変だった ≪苦痛の40分?!≫



180212 20050801-2_m.jpg



祝福二世の証し、続編です。


そのようにして、お父様から祝福をいただきました。
しかし、実はそのあとは、簡単ではなかったんです。

さきほど兄姉の話をしましたが、
姉は、ラブラブでしたし、
兄もやはり仲が良かったんです。
しかし自分は違いました(笑)

言葉の壁もあるし、文化の壁もあります。
しかも、先ほども言いましたけど、人見知りでしたので。。。


お父様からマッチングを受けて、翌日、喫茶店に入りました。

しかし、会話が続かないんです。
最初の5分とか10分はいいんですよ。
しかしそのあとが続きません。
40分間、無言でした(笑)

姉と兄に「騙された!」
そんな風に思っちゃいましたね。。。

それからも、苦痛と思えるような期間が続きました。
電話をするじゃないですか。
その時も、会話が続かないわけです。
お互い無言で、「じゃあ、切るね」みたいな(笑)


しかし天が与えて下さった祝福ですからね。
お互い歩みよって、家庭を持つまで、5年かかりました。
そして、私は日本で公職をすることになったので、
日本に来てもらい、入籍しました。

それでも、家庭出発をしても、なかなか改善されず
他人行儀みたいに、「よろしくお願いします」みたいな感じで。。。(笑)

私たち祝福家庭は、最初いろいろありますけど、
少しずつ積みあがっていっているんです。

しかし、この世は熟年離婚です。
愛は深まらないといけないのに、
むしろ冷めてしまうわけです。。。

自分たちは、最初は何もなかったけれど、
積み上げていく喜びというものがあるんです。


家庭を持った後に、大きな試練がありました。
子供が授からないんですね。
後輩の家庭に子供が授かると、とても寂しい思いになりましたね。

病院に何度も通いました。
そして身ごもったんです。
その時の喜びといったら。。。
人生で初めてのものでした。

子供が成長する度合いに応じて、
私も成長させていただきながら、
こういう一面もあるんだ。。。
そんな体験をさせてもらっています。


家庭を持つ素晴らしさ、
そして、祝福結婚の素晴らしさだと思います。

人の能力や知識、そのことの成長の度合いは一時的だと思います。
若い頃に知識を身につけることはできても、
ある程度の年齢が来ると限界が来ます。

しかし、愛というものは、年齢を重ねるに応じて、
深まり成長していきます。
新しい発見があるのです。
特に子供が成長していく姿を通して、
自分も愛が成長するということをとても感じます。

もちろん、大変なこともいろいろあります。
それでも、もっと成長していきたいと思っています。



一世と二世では、立場が違いますが、
しかし、祝福の価値は同じであり、
また、実際に家庭を出発する、という観点でも、
私たちが通過した時と同じだな。。。
そんなことを思いました。

そして、彼が話すように、
愛の成長というのは、限りがない、ということ。
人間の肉体は年を経るとともに、
老いていきますけれど、
霊人体は肉身と違って、成長していきます。

考えてみれば、肉身を脱いだ霊人体は、
血気盛んな壮年の姿だといいますが、
地上の姿でそのまま霊界に行けば、
おじいちゃんおばあちゃんばかりになってしまいますよね。

「家庭は愛の学校」
証しを通して、お父様のみ言を思い出しました。

あと一回続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:29 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。