2018年02月28日

幸せになるためには、順序と方法がある?! 先に多く与える!! 《金元弼先生》4



180228 20060203a.jpg


幸せになるためにはどうしたらいいでしょうか?
幸せは相手を通してくるので、
相手をまた神様を幸せにすることだといいます。

それでは、どのように相手を幸せにするのでしょうか?

金元弼(ウォンピル)先生のみ言。
続編です。



まず与えてから受けよう

先生は、国のために、世界のために、天宙のためにどんどん、
どんどん尽くすことによって国家に負債を負わせるのです。
世界に負債をどんどん、どんどん負わせることを、私たちにやらせているのです。

そうすると私たちは国の幸せを、世界の幸せを、天宙の幸せを先にあげましたから、
私の幸せを、天宙的幸せを、世界的幸せを、
国家的幸せを私たちに返してくれるというのです。

個人の幸せをあげるよりも、国家の幸せを
あげることのほうがもっと素晴らしいのです。
私たちが個人であったとしてもそれを個人として見ないで、
国家として、世界として、私たちは尽くしていこうというのです。

このようにたくさんあげれば、たくさん返ってくるというのです。


今年、私たちは「天国創建」という年頭標語をもって、
この一年を越えようとしている真っ最中です。

そういう「天国創建」を成すに当たって、
まずもって個人の中に天国を創建、家庭の中に天国を創建しなくては、
国家そして世界的な天国創建というのは期待がもてないのです。


今私たちについて考えてみると、自分の中に何が築かれているでしょうか?
私たちはこういうことを顧みながら、一年をこの一カ月に縮小して、
この残った一カ月で、足らないすべてを埋めていくようにしましょう。

ある国ではこの一年を清算し、顧みるために
七日断食や三日断食をしている人たちもいるようです。
しかし私たちは、そういう条件も必要ですが、
そのような心情で十二月を送ることが最も大事だと思います。
七日断食、三日断食の心でやっていきましょう、ということです。


「先に私が幸せをあげただろうか?」
これを考えていきましょう。

夫婦の間においても、リーダーとメンバーの間においてもそうです。
私たちは幸せを先に与えているのか、ということが問題です。

たとえ国の中心者がその人を認めなくても、
その国のために尽くす人が愛国者です。

「皆が私に尽くしてくれたら、私は皆に尽くす」
と言うリーダーであったなら、普通のリーダーにしかなれません。
皆さんも、尽くされてからその人の幸せをあげるとするならば、
普通のメンバーにしかなれないでしょう。

それは、神の原理を体恤した人、原理の人ではありません。
受けてからあげたからです。
メンバーも受けて返すとするならば、それは非原理的です。

リーダーも受けて与えるとするならば、これもリーダーではありません。
それはリーダーでなく、リーダーの立場にいる人だというのです。
そういうメンバーをメンバーでなく、メンバーの立場にある者だというのです。


私も皆さんの幸せを先にあげるように努力するし、
皆さんも私の幸せを先にあげるように努力しましょう。
お互いがそのように努めましょう。

メンバーとメンバーとの間においても、夫婦の関係においても、
「お互いが先にやる」、このようにしましょう。


とにかく、その人に幸せを先にあげるようにしましょう。
いいものがあれば「あなたが先に」、
こちらの人は「あなたが先に」、このようになりましょう。

そうしたらどうなるでしょうか?
二つあって、一つずつ食べたらそういうことはないですね。
ところが一つしかないので、私は「あなたが」、
いや「あなたが」と、このようになるのです。
そうしたら、この一つはどこへ行くでしょうか?
行ったり来たりします。

そういう姿をご覧になる神は、どのようにお考えになるでしょうか。
「いやー、これ一つしかないから、これを持つ者がいない」
ですから神が持っていくでしょう。

そうしたら神は一つ受けたから、どういう心をもつでしょうか。
それは一つしかないから、神は、
この二つの家庭にたくさんの祝福をあげるでしょう。


そういうことを考えて、「お互いが先に先に」という、
こういう雰囲気をつくっていきましょう。

皆さん、心を尽くして、尽くして、
その人が私を分かってくれなくても、
何回も、何回も、心を尽くしてあげるのです。

どういうことが起こるでしょうか?
そういうことを通して皆さんが、ただ言うだけでなく、
そのように尽くしながら、どういう結果が起こるか
ということを見ながらしなさいというのです。

幸せについて  
1986年11月30日 
ドイツ・フランクフルト本部教会



幸せになるためには、相手を幸せにする。
そのためには、先にたくさん、よりよいものを与える。
そして、なにより神様に一番よいものを
真っ先にあふれるほどたくさん捧げていく。。。

神様の心情を思い、良心を研ぎ澄ませ、
神様を中心に本心のごとく生きるとすれば、
私たちは、為(ため)に生きる人生、
相手の幸せのために生きる人生を送ることができるでしょう。

真の父母様が生涯、その道を歩まれましたので、
今この時、
真の父母様と一つになることが何よりも重要であり、
その究極のメッセージが
「孝情」なのだと思います。

さらに、具体的な形に表すとするなら
「神氏族メシヤ勝利」
になるのではないかと思います。

誰もが、為に生きる人生を送れば、
天国に通じていくことでしょう。

私たちが為に生き合うことを
神様、真の父母様が何よりも願われています。
まずは、私自身が目指さないといけないと思うのです。

あと、一回続きます。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:15 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。