2018年03月01日

「夫は真の父母!」 初めての大舞台で、全世界に宣布!!  お母様の胸のうちは?!



tm1992.jpg


昨日は基元節5周年でした。
真のお母様を中心に記念式典が行われたそうです。
今回はインターネット中継を視聴できなかったのですが、
み言や様子などは、追って報告したいと思います。

今は真のお母様がお父様の遺志を受け継がれ、
最前線、先頭に立って歩んでおられますが、
最初にお母様が前面に立ったのは、
1992年世界女性連合創設大会の時からです。

お父様は1990年にゴルバチョフ大統領
19991年に金日成主席に会われました。
ただ単に会っただけでなく、
彼らは真のお父様の愛の前に屈服していきました。

そのようにして共産主義を屈服させた土台で
お母様を先頭に立てることができました。

その女性連合創設大会('92.4)で、お母様は真のお父様を、
メシヤであり、真の父母であると、堂々と証ししました。
それが、同年8月24日の、お父様による「真の父母宣布」につながったのです。

その時のみ言とお母様の心境が、史吉子先生の
「原理に関するみ言の証」に掲載されています。



「人類が真の父母、真の夫婦、真の子女の道を
失うことによって、もつれた罪悪の歴史を、
清算する道を教えてあげるのが、
メシヤ、救世主の使命であります。

私は今日、この場を通して、
私の夫である文鮮明総裁は
生涯を賭けてこのメシヤ、真の父母の道を
開拓して来られた方であることを全世界に宣布致します。

皆さんがよくご存知のように、
私の夫である文鮮明総裁は、
その間、悪なる世界の激しい迫害の中でも、
神の創造目的を明らかにし、
人類始祖が犯した原罪を究明することによって、
人類の未来を開拓して来られた方であります」



その時(のことを)お母様が、私(史吉子先生)にこうおっしゃいました。


「私がお父様を真の父母、メシヤとして宣布するとき、
お父様の生涯、その悲惨な生涯を
見守って来た私としては、
その言葉を言う瞬間、胸が張り裂けそうだった」



とおっしゃいました。


「胸が張り裂け、慟哭する思いを
無理やり押し殺して、
泰然として語ることがとても大変だった」



とおっしゃいました。

お母様は、お父様を誰よりもよくご存知です。
このようなお母様が、お父様はメシヤであり、
人類の真の父母だと宣布することによって、
父母権を復帰されたのです。
だから、お母様が重要な方なのです。



堂々と証されたお母様でしたが、
その胸のうちは、張り裂けんばかりだったとのことです。
誰よりも、お父様を理解され、同じ道を行かれたのが
お母様です。

お父様が真の父母として立てたのも、
一人のエバ、母を探し勝利することがなければ、
不可能だったということを思う時、
お母様の存在はどれだけ、神様、そしてお父様の希望だったでしょうか。

教会の内部で真の父母と呼ばれるだけでなく、
世界に、そして全ての段階で、お父様が勝利される背後には
真のお母様の、勝利がありました。

証してくれる人がいなければ、メシヤは立つことができません。
お父様を証すために、生涯をかけ、
同じ苦労の道を歩んで来られたのです。
母と聖霊と洗礼ヨハネの使命というのは、簡単ではありません。

今、真のお母様はお父様と完全に一つとなって、
天の父母様の願いを果たしたいと思って歩んでおられます。
私たちもお母様の願いと事情を求めることを通して、
お母様の心情の共鳴体となっていくことができます。

そしてお母様と一つになって、
天のみ旨成就のために歩む者となっていきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。