2018年03月04日

礼拝の恵みを取りこぼさないために! なぜ準備が大切か?! 《金元弼先生》1



180304.jpg


金元弼(ウォンピル)先生の新たなみ言、
「私たちを誇りたい真の父母」から紹介します。



集会前の準備

集会が始まる時に、遅れてくる人もいれば、早く来て待っている人もいます。

この世の集会でも、語る人は上手に語ろうとし、
聞く人はその話をよく理解しようと努力します。
そのようにして集会をもつのです。

特に宗教的な集会においては、知識の伝達ばかりでなく、
生命の復活ということが大きなウェイトを占めるので、
語る者、聞く者、主体と対象の一体化が非常に重要になってきます。


ですから、集会に来るときには、語る人もそうですけれど、
聞く人も準備が必要です。
心の準備、祈りの必要性がそこに出てくるのです。

準備の期間をもって、
サタン側のものと神側のものとをはっきり分別して、
神側のものをそのまま受け入れることのできる器を
つくっておかなければなりません。


韓国において、先生が礼拝をされていた時には常に、
食口たちはその前日から来ていたり、あるいは何時間も前に来て、
み言を聞く準備をしていました。

しかしある時、礼拝の時間に少し遅れてくる人がいたのです。
すると、霊能者を通して
「このようになってはいけない。礼拝の前日か、
あるいは三時間前に集会所に来て、祈りを通してサタンを分別し、
み言を受け入れる準備をしておかなければいけない」
と、教えられたことがありました。


なぜそうかといえば、先生ご自身が、私たちに生命を与えるために、
私たちのために祈り、準備しておられるからです。

そして、先生の高い基準のみ言は、
先生が心を尽くした基準に相対できる心情基盤をつくっていなければ、
それを受け入れることが難しくなるからです。


また、ある時先生は、こう語られたことがあります。

「食口たちが準備せずに、
この世の一週間の生活をして
そのまま礼拝に来た時には、
なかなか相対基準が合わず、
み言を語りながら食口の基準を高め、
そしてみ言を与えていかなければならないので、
相当の苦しみを受けなければならなかった」


と。


ですから、準備というものが非常に重要だということを肝に銘じ、
知識欲を満たすためではなく、
心情を復活させていくという先生の伝統を受け継いで、
この集会をもっていくようにしましょう。

遠い所からここまで来るのに、いろいろな苦労があったと思います。
皆さんが任せられた責任分担を果たすのに忙しい中、
時間をとって集会をもちましたので、
良い結果をもたらしてほしいと思います。

それは、皆さんとスタッフが、お互いに心を一つにして
助け合うことによって可能になると思います。

私たちを誇りたい真の父母
1987年5月4日 
ドイツ・カンベルグ修練所(欧州リーダー会議)



お父様が集会や礼拝などでみ言を語るときは
何時間も祈られ、相当な準備をしていかれたといいます。
いつも受ける私たちの足りなさを補うために
精誠を尽くしてくださいました。

今、大きな大会や行事を真のお母様が成される時も、
ほとんど休まれることなく、臨まれていることでしょう。

普段の礼拝や集会も、語る人は当然
相当の準備をしているはずです。

私自身もまれに説教をする機会が与えられたときは
特に説教の前は、霊的に高まった状態なので、
あまり余計な声をかけてほしくない、
変な用事を入れないでほしい、
というのが本音のところです。

説教者だけでなく、司会や代表祈祷をする人、
受付などのスタッフ、聖歌隊や参列者一人一人が
その礼拝を準備し、霊界を整え、作っていくのです。
それぞれふさわしい準備をして礼拝に臨むことでしょう。

ですから、ただ参加したり、時間に遅れたりすると
相対基準が合わなくなりやすいと思います。
せっかく教会長が語って下さっているのに、
その恵みを取りこぼしてしまうのは、残念なことです。

一週間、仕事を終日して参加する壮年の方々は
その切り替えが大変だと言います。
現実的なこと、生活のもろもろ、心配事など、
それぞれが、それを一旦置いて
心をリセットして、また一週間を頑張るために
貴重な礼拝の時間として頂きたいと思います。

お互いが恩恵を受けるためにも
霊的な備えは、本当に必要だと思うのです。

今日は日曜日。
この記事を礼拝後に読む方も多いと思いますが、
今後、備えていただければと思い、書かせていただきました。

不定期に続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:21 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。