2018年03月10日

貧しい人と豊かな人がいること、これは神様が公平だから?! 《原理に関するみ言》



180310  20180228_14.jpg
基元節5周年記念 和合統一ユンノリ(2018.2.28)☆


史吉子(サ キルジャ)先生の「原理に関するみ言の証」
復活論の中の一項目を抜粋して紹介します。



地上人の生涯と先祖の功労

ところで最近、私は驚くべきみ言を聞きました。
お父様が、「神様がなぜ、公平なのかわかるか?
豊かに暮らす人と貧しく暮らす人がいるから、公平なのだ」
とおっしゃいました。

豊かに暮らす人は先祖の功労が高いから
豊かでなければならないし、
貧しく暮らす人は先祖の借りを返すために
貧しく暮らさなければならないとのことです。

私たちは、あの人(山の頂上にいる人)は
優れているわけではないのに良い暮らしをしていて、
この人(谷底にいる人)は
努力して生きているにもかかわらず、
何をしてもうまくいかないから不公平だといいます。

ところが、お父様の観点は違います。
それが不公平なことではないのです。

私たちは生まれる時から、生まれる位置がみな違います。
ですから、自分が誰よりもすべての面で不利であり、
何をしてもうまくいかないからといって、
嫉妬する理由はないのです。

その時は、「ああ、私の先祖の功労がこれだけしかないから、
私がもっと努力しないといけないんだ」
と考えて、もっと頑張ればいいのです。

この人(谷底にいる人)が原理を知り、
主に導かれて食口になれば、
自分の先祖の功労がないことを知り、
その時から努力するようになります。
努力し続ければ、次第に上がっていくのです。

お父様は、こういう人が原理を知れば、
一番大きく発展するというみ言も語られました。

神様は父母であるので、
苦しんでいる子女の祈りと精誠を
よく聞いてくださるとおっしゃいました。
それで、こういう人たちは
恐ろしく発展すると言われました。



このみ言を読みながら、
アフリカのことを思わされました。

今まで多くの苦難と迫害の歴史を
たどってきたアフリカ。。。

しかも皮膚の色が違うというその一点で、
神様を信じる者たちが、同じ神様を信じる者を
迫害してきたという事実。。。
神様にとっても苦痛であったかと思います。

しかし、お父様が語られたように
「神様は公平」なのでした。

多くの苦しみを通過したからこそ、
本当の神様の心情をわかったのだろうし、
アフリカサミットの勝利においてもわかるように、
真の父母様のみ言を受け止めることができたのではないか、
そのように思わされました。

私自身の道のりにおいても、
多くの苦難があったからこそ、
この貴い道に導かれたのだ。。。
そのことがどれほど感謝であるかしれません。

そういう意味では、先祖の功労というものは
良い先祖でも感謝であり、
悪い先祖でも感謝なのかもしれないですね。

ただ、私自身もいずれは、「先祖」になります。
そういう意味では、徳を積みつつ、
良い功労を残さないといけないと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:50 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。