2018年03月30日

毎朝、霊界では大訓読会、先祖が列をなして参加している?! <訓読会の勧め>



180330 20090108 0501.jpg
訓読会に臨まれたご父母様☆


訓読会。
大切だとわかっていても、なかなか伝統を立てることが
難しいですね。
『祝福家庭』に掲載されている内容を紹介します。



習慣化する

訓読会を行う時間として、朝が望ましいのはもちろんです。
一日をみ言訓読から出発できるのは、とても素晴らしいことです。

しかし「朝は忙しくて…」という方もいらっしゃるでしょう。
もし、朝にできなければ、夜にでも訓読をするのです。



(訓読会は)一日に、朝だけしなければなりませんか、
昼も晩もすべてしなければなりませんか。
晩にまた御飯を食べる時間があれば、
四度しなければなりません。

朝起きてして、
昼食の時に御飯を食べてしなさいというのです。
夕御飯を食べてして、
寝る前にもう一度しなさいというのです。

そのようにすれば、霊的な生命が成長します。
そのようにしなければ、真っ暗で、
雨の降る日のようであり、
霧がかかったように重苦しいのです。

祈祷する時間よりも、訓読会の時間を
より一層重要視しなければなりません。

なぜでしょうか。
これは完成するということです。
真の御父母様が完成させる時間だというのです。


(『文鮮明先生の教育哲学』336-337ページ)

真の父母様は、3度のご飯を食べるように訓読し、
朝に昼に夜に訓読する生活習慣をつけることを願われています。



霊人も同参、共に成長する

ある婦人は、訓読会のとき、夫婦合わせて4系列の先祖に対し、
声を掛けているといいます。

「〇〇の血統の方々はここにお並びください。
▢▢家の方々はその隣の列に…」と、
具体的に呼び掛け、一緒に訓読を行うそうです。

ある日、先祖に示した場所をざっざっざっと歩いているたくさんの足音を聞いて、
彼女は「先祖が整列しているんだ」と確信したのです。


霊人であれ、地上人であれ、人間の願いは、
真の愛を完成し、真の夫婦愛を完成していくことです。
しかし、霊人は真の父母様を戴いた地上を通してしか、
愛を完成させることはできないのです。

み言は霊的糧です。
地上の私たちの訓読の場に同参し、共に生活しながら、
霊界人は喜びを感じ、復活し、完成できるようになっています。

そして、地上の私たちに協助するようになっていきます。
霊界と肉界が一つとなって、真の父母様に侍る訓読会をしていきましょう。

「祝福家庭」87号(2017年冬季号)より
読みどころ紹介➆
「侍義の生活」第17回
「訓読会の伝統を立てる」



真の父母様のみ言は永遠なるものです。
すでにお父様は聖和されましたが、
貴いみ言はお母様が編纂された三大経典を始め、
私たちに力を与えてくださっています。

ここに紹介された証しによると先祖が列をなして、
訓読会に参加しているとのこと。
そういえば、み言の訓読には、先祖もともに参加しているのですよね。
意識することが足りなくて、ちょっと反省です。。。

霊界では、み言が貴重な栄養素であることを思えば、
ともに訓読することで、
絶対善霊の方たちは復興し、もっと協助してくださるのだと思います。
霊肉合同作戦ですね。。。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:40 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。