2018年04月15日

天がお母様を選ばれた理由?! 小山田夫人が祝福を受け入れた理由 《小山田先生・天の祝福》2



180415.jpg


真のお父様の祝福マッチングの素晴らしさについて
最強マッチングカップル、小山田家庭の証しを交えながらのお話です。
「天の因縁によって結ばれた祝福」後編となります。



味わいのある夫婦となるには刺激が必要

1969年5月1日、私は東京・渋谷の旧松濤本部でマッチングを受けました。

先に決まっていた12人の女性がお父様のご指示で1人ずつ証しをし、
相対者(儀子夫人)が「私の父は特高警察です」と申し上げると、
お父様は「先生の怨讐だね」とおっしゃいました。

他の証しは印象に残りませんでしたが、
彼女のことは「私が責任をもたなければ」と、はっきり感じたのです。

お父様は私たちを組み合わせ、
「最も男らしい女と、最も女らしい男を合わせる。
おまえたちは3年間、喧嘩をするだろう」と予言されました。


私は、彼女がなぜ私を受け入れたのか気になり、
聞いてみると、「お父様の作戦に引っ掛かった」と言うのです。

お父様の「晩年には味わいのある夫婦になる」
「りっぱな子供が生まれる」というみ言を信じたのでした。
しかし、実際に私を受け入れるのは容易ではなかったようです。

彼女は当時、久保木修己・初代会長の秘書で、
岸信介先生や福田赳夫先生など、超一流の人物と接していました。

私はCARPで会長を務めていましたが、
彼女にとってはガキ大将≠ノしか見えなかったのです。
また、クリスチャンは偽善者≠ニいうイメージがあり、
クリスチャンの私にもそのような目を向けていました。

お父様は、なかなか三日儀式を行えずにいた私たちのことを聞かれ、
彼女を久保木会長の補佐として台湾に送られました。
彼女はそこでクリスチャンのトップリーダーも渉外したようでした。

3年後、お父様は彼女を清平に呼ばれ、
台湾での経験や感想についてお尋ねになりました。

お父様は、考えをまとめられずにいた彼女に
「おまえが学んだのはこれだ。
1つは、キリスト教は悪いものじゃないだろう。
もう1つは、おまえはいくら強くても女だから、
小山田を愛してりっぱな子供を生みなさい」と語られました。
それを伝えるために3年間、台湾に送られたのです。


一方私は、その3年間の終盤に彼女と夫婦生活をする夢を見ました。
天の因縁は人情を超えるのでしょう。

お父様はマッチングをなさる際、2人が一体となり、
天の父母様の似姿になったようすを見詰められます。
『原理講論』にあるように、
授受作用によって球体に近づいていくことができる2人を組み合わされるのです。



私たちに蕩減復帰の道を示された真の父母様

お父様はお母様の性稟について、
@勘が非常に鋭い、
A私心がない、
Bはらがある、と説明されました。

お父様はお母様を、お顔だけではなく手を見て選んだといいます。
お母様は分厚い、大胆不敵な手をしているというのです。

お父様の奥様ともなれば、どんな困難に遭うか分かりません。
ですから、肝の据わった女性を選ぶ必要があったのでしょう。
実際、お母様は現職の大統領を前にしても、
何ら動じずにみ言を語られ、天の摂理を教育しておられます。


真のご家庭は、人類歴史のあらゆる家庭と
王朝の歴史を蕩減復帰されていると言えます。
真の父母様は、堕落した人間始祖アダムとエバ以降の、
6000年の蕩減を全て乗り越えていかれるのですから、
ご家庭に紆余曲折があっても当然でしょう。
特に、陰謀などの巣窟となってきた王朝の歴史もあったのです。
その蕩減復帰の道が単純であるはずがありません。

その困難な道であっても人類の罪をぬぐい、
歴史の全てを蕩減復帰して勝利された、メシヤ、救世主、真の父母様です。
私たち祝福家庭は、真の父母様の「最終一体」の勝利路程を土台として、
それぞれの相対関係に託された使命を果たすことが願われています。



小山田先生ご夫妻の証しも、
以前記事にしたことがありましたが、
蕩減を越えたあとに
天が願っていた理想家庭に向かうのだな、と思います。

真の父母様はすべての歴史の穴埋めをされ、
見事に勝利されました。
私たちも真の父母様を模範として、
真の家庭を目指していきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:47 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。