2018年06月05日

お母様は何歳?! 月夜に祈られるお母様 《世界で最も美しい言葉オモニ》2



20150815chusok.jpg


李成萬副会長の寄稿文、
「世の中で最も美しい言葉 オモニ」から
『私が見た真のお母様の一日』のその2を紹介します。


アメリカの感謝祭の日に当たる
2014年11月30日、天正宮博物館の訓読室で
忠孝家集会が開催されました。

そのとき、真のお母様が
「私は何歳に見えますか」と質問されました。
そして自ら、「46歳だと考えています」とおっしゃいました。

当時、満71歳であられましたが、
なぜそのようにおっしゃったのでしょうか。

世界平和青年連合の会員の年齢が48歳までです。
ですから、言い換えれば、真のお母様は今、青年のように
毎日旺盛に活動していらっしゃるという意味です。

そして、今後なさることが
それだけ多いということであり、
その摂理を成し遂げるためには、
いつまでも若者のように
健康でなければならないというお話です。


真のお母様が侍墓(シミョ)三年精誠を
ささげられていたある日のことです。

真夜中に私のスマートフォンの
カカオトークの通知音が鳴りました。
その音で目が覚め、確認してみると、
懇意にしている天正宮博物館の職員が
写真を一枚撮ってリアルタイムで送ってきたのです。

時間は午前1時か1時半です。
満月でとても明るい夜でしたが、
真のお母様が天正宮博物館の一松亭(イルソンヂョン)
の下で黙想される場面でした。

私はその写真を見た瞬間、
ぱっと飛び起きて、ひざまずかざるをえませんでした。
目からは、すぐに熱い涙が流れ落ちました。

真の父母の子女であるはずの私が、
足を伸ばしてぐっすりと眠っているのに、
真のお母様は真夜中でも
安息することがおできにならないのです。

何か、おありなのだろうか。
何を心配していらっしゃるのだろうか。
どんな説教よりも強いメッセージでした。

ほかの言葉は必要ありませんでした。
真のお母様のご心情と
ご事情を少しでも知っているのか?

写真一枚が私の胸を熱くし、
私の魂を掘り起こしました。
お母様には夜も昼もない毎日だったのです。


今年の2月11日は小正月、すなわち天暦1月15日でした。
月が一年のうちで最も明るく、大きな日でもあります。

真のご家庭と指導者たちが真のお母様をお迎えして、
清平にあるヘブンGバーガーの屋上で
夜遅くまで月見をしました。
寒い夜だったので、より一層記憶が明確です。

翌朝7時、天正宮博物館の朝礼に参加しました。
真のお母様は、「昨夜、衣装だんすを
整理しながら徹夜をした」とおっしゃいました。

そして、聖衣30点余りを入れたかばんを出してくださいました。
日本の忠孝家と、苦労する食口たちを
心配されながら、夜を明かされたのです。

「私は24時間休む暇なく考え、動いています。
全祝福家庭と74億人類のためにです」とおっしゃいます。

天の父母様と真のお父様の理想実現のために、
一瞬一瞬、切迫した生活をしておられます。
寝ても覚めても、座っても立っても、
ただ天の父母様の夢、み旨成就のために
完全投入の日々を過ごしていらっしゃいます。

文字どおり、一日を千年のごとく、
千年を一日のごとく暮らしていらっしゃるのです。



真夜中の一松亭で、
深い瞑想をしておられる真のお母様。。。
神様だけにしかわからない、深い心情をもって、
神様と対しておられるお母様だと感じます。

46歳と考えて歩まれるお母様は、
健康にも気を付けておられると聞きました。

先日も、ウィーン大会で、早朝散歩をされる時、
同行したバルコム会長などは、
お母様についていくのが大変だったとか。

天一国時代を迎え、内外共に健康で、
また、天を中心とした歩みを
ささげていきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)












posted by ten1ko2 at 07:22 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。