2018年06月09日

「精誠と決意を感じたので、帰りたくない!!」とお母様 《釜山祝勝会》



180609 20180527.jpg


皆さんの精誠と決意を感じたので、
私も行き(帰り)たくないです。


真のお母様



5月27日、大盛況のうちに開催された釜山大会。
その祝勝会の話題と、その時のお母様のみ言を紹介します。



嶺南(ヨンナム)圏の責任者と食口の精誠が実った大会

チャン・ドクポン慶南教区長の司会で真のお母様をお迎えして全体で敬拝。
参加者代表が花束を贈呈しました。

お母様が記念ケーキをカットされたあと、
韓国の朴榮培(パク・ヨンベ)第5地区長の夫人、森長えみ子さんと
日本人宣教師の代表4人が贈り物を奉呈。

その贈り物には、同地区で歩む日本人宣教師たちの
「お母様のためにお食事の一食だけでも直接おもてなしをしたい」
との心が込められていました。


チン・ヂャンヂン慶北教区長が報告祈祷を捧げ、朴榮培地区長が登壇。
「神韓国家庭連合統一新羅孝情第5地区」と紹介し、
以下のように大会の勝利報告を行いました。

「1万人の目標に対して1万2000人が集い、既成祝福対象者3000人、青年3000人でした。

釜山教区の朴桔男(パク・キルラム)教区長と食口たちが、
ベクスコ第2展示場を7周する『エリコ城精誠』を21日間行い、
ポムネッコルの涙岩で徹夜祈祷する『1日徹夜精誠』には、
慶南教区の食口600人が参加しました。

お母様は大会で、『北へ北へと上がっていかなければならない』と語られましたが、
歴史学者によると『6・25動乱(朝鮮戦争、1950-53)』で、
南が『洛東江の戦闘』によって戦局を反転させたのが5月27日といいます。

ですからきょうは、洛東江戦線のような大反撃の時であり、
統一の運勢の新しい水門が開いた日です。

私たちは、青年・大学生リーダーシッププログラム、未婚男女祝福活性化、
言論を通した伝道環境の創造などを進め、実体聖霊である真のお母様を証しながら、
神様の国、神様の夢を成し遂げられるように前進、前進、また前進します」



釜山での「1万人祝福式」開催を誓う

李相宰(イ・サンヂェ)蔚山教区長の「勝利提議(乾杯)」で晩餐が始まり、
食事が一段落すると、朴桔男教区長が大会の感想を発表するとともに、
1週間前に見た夢の話をしました。

「コンテナを満載した大型船舶が釜山国際港に入港すると、右手に指揮棒、
左手に綱を持たれたお母様が彗星のごとく現れて、
私にその船を陸に上げるように号令されました。

重い船を肩に載せ、お母様がラッパを吹いて導かれる所に着くと、
そこは大きな運動場でした。
船を下ろすと運動場はいっぱいになり、
どこからか拍手が聞こえ、お母様はいなくなられたのです。

指揮棒は世界を指導する聖霊を意味し、ラッパはみ言、
船はベクスコ(上から見ると船の形)ということでしょう。
拍手は、きょうの参加者のものに違いありません。

釜山はこの勢いのまま、ベクスコでの『1万人祝福式』を勝利し、
206の洞(日本の『町』に相当)で神氏族メシヤを必ずや勝利します」


鄭東元(チョン・ドンウォン)大邱教区長の感想発表、
尹煐鎬・世界本部事務総長の報告に続いて「天一国孝情苑伝授式」が行われ、
お母様が、韓日米を代表する李基誠・神韓国家庭連合会長、
徳野英治・神日本家庭連合会長、鄭元周・総裁秘書室長、
そして朴榮培地区長の4人に下賜されました。

文化公演では、伊藤まなみ・大邱教区長夫人がお母様のお好きな「カゴパ」などを歌い、
日本人宣教師7人による「蔚山教区孝情文化団」が
「蔚山アリラン」「釜山港へ帰れ」などを熱唱。

お母様がみ言(別記)を語られたあと、
朴ソンヨルUPF釜山支部長が億万歳三唱を先導し、
お母様に全体で敬拝をお捧げして、祝勝会は終了しました。  



真のお母様のみ言 (要旨)


皆さんの精誠と決意を感じたので、
私も行き(帰り)たくないです。(拍手)

真の父母様は、世界摂理のために
外国で多くの時間を過ごされました。
特に南米摂理では、奥地で蚊に刺されながら、
劣悪な環境で苦労をたくさんされました。

そこで、カトリック国家圏は
私たちの統一教会(家庭連合)を
理解することができなかったではないですか。

そのような環境で、未来の人類のための食糧問題
のみならず、環境問題を心配し、
本当に血のにじむ努力をされたのです。

多くの夢をもち、皆さんが想像することもできない
公的な財産、本来の主人であられる創造主・
天の父母様(神様)の地、国、世界を、
(天の父母様に)お返ししてさしあげるために、
多くの奇跡のようなことを繰り広げられました。

その時、南米で国家メシヤとして苦労した人がいます。
その人は還故郷して命が危ぶまれる死線を越え、
新しく生まれた身で
残りの人生に最善を尽くそうと決意しました。

そして家庭連合の本部に報告をして、
10万ウォンの車を買って帰ったといいます。
私はその事情を知っています。

私はここに来て、その人の恨を
解いてあげなければならないと感じ、
車を買ってあげようと思います。

「牧会者として働く」と言ったので、
12人用の車がよいと思います。
誰か気になりますか? 
晋州教会長のシン・ミョンギです。

私はそのまま行くのが口惜しいです。
地区長、この行事が終わったら、
教区長たちと一緒に打ち上げの祝宴をしてください。
(地区長、教区長たちがお母様と記念撮影をする)

最後に…、「私たちの願いは統一」を歌いましょう。
(全体で歌う)

統一韓国のために!
(お母様が右手を挙げられる)(拍手)


2018 神韓国家庭連合嶺南圏 希望前進決意大会祝勝会
天一国 6 年天暦 4 月 13 日 (2018 年陽暦 5 月 27 日)午後 5 時から
釜山 ウェスティン朝鮮ホテル


奇しくも昨日の記事に掲載したように、嶺南(ヨンナム)大学では
最後まで講演できませんでしたが(1992年)、
それから25年、1/4世紀を経て同じ嶺南の圏域で
このような勝利を得ることができたことは、
素晴らしいことであると思います。

韓国では、神氏族メシヤ活動を中心に
食口たちがみ旨にまい進していると聞きました。
大きな規模で祝福式も行われるとのこと。。。
釜山の1万人祝福式もその一つでしょう。

新しく李基誠会長になられて、
清平と連結することを通して、
霊肉合同作戦、霊界の協助があって、
さらに導かれているのかと思います。

お母様は精誠を覚えてくださり、
南米で苦労された教会長に
車のプレゼントをされました。

黄金期と言われている今、この時。
本当に精誠を捧げていきたいと思うのです。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。