2018年08月25日

(祝福エピソード) 6500双 交叉祝福! なかなか始まらなかった理由(わけ)?!



180702 198810.jpg


3万双、36万双祝福記念日 
おめでとうございます!

長年、家庭局長を務め、
真の父母様によるマッチングや祝福を
間近で見てきた倉本正彦先生(777双)の証し。

今回は、6500双祝福式のときの証しです。



最初に私が祝福を担当したのは、6500双の時でした。

6500双は、直前まで日にちも場所も決まっていませんでした。
祝福式が本当にあるのか、ないのか、それすらもわからずに
私たち家庭局のスタッフは訪韓したのです。

この時は初めての写真マッチングでした。
日本から写真を持っていって、韓国側は実体でした。

韓国の先生方が真のお父様に
「いつ祝福をしていただけるのでしょうか」とお尋ねしても、
お父様から答えがないという状況で、「これ以上、韓国にいても仕方がない。
もう祝福式はないかな」と思っていた矢先、
突然お父様が、「マッチングをしよう」とおっしゃいました。

あとで分かったことですが、6500双というのは蕩減をかけた
最後の九段階目の祝福であり、さらに交叉祝福なので、
早く知らせると、様々な妨害が出る可能性があったのです。

真のお父様は龍仁(ヨンイン)
韓国の祝福候補者を集めてみ言を語られました。

私たちも写真を持ってそこに行きましたが、お父様は最初に、
「今回は韓国と日本しか組まない」とおっしゃったのです。

これは韓国の候補者からすれば大変なショックで、お父様が、
「日本人でもいいと思う者、前に出なさい」とおっしゃっても、
本当にわずかな人しか出ませんでした。

真のお父様は翌日までかけて、ずっと説得されました。
なぜ韓国と日本の国際祝福を
しなければならないかを説明してくださったのです。

その後、「じゃ希望する者?」とおっしゃるのですが、
それでもほとんど前に出ませんでした。

(世界家庭7月号より)


3万双以降は「祝福の世界化」となり、
大きく恩恵が広がっていくのですが、
その前の6500双は、特に
最後の蕩減をかけた熾烈な戦いがあったのでしょう。

そういう意味で、証しにもあるように、
いつ開催されるかわからない、
さらには、交叉祝福という、
霊的な戦いのある祝福でした。

お父様は一つ一つの祝福式に精誠を捧げていかれました。

今日の祝福記念日をきっかけとして、
また、この証しを通して、
改めて真の父母様に感謝の気持ちをお捧げし、
そして、27日の天宙祝福式に備えていきたいと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)




※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:28 | Comment(1) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴重な証ですね。
お父様の事はどんな些細な事でも知りたい。

文鮮明を研究する事は全世界全歴史の英雄聖人を研究するより勝る。
このお方の行動原理は測ることが出来ない。
神様も惚れた男である。
Posted by 文鮮明研究 at 2018年08月25日 10:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。