2018年08月24日

信仰生活で、なぜ病気になるのか?! 《李ヨハネ先生のベスト・アンサーH》原因と克服法3



19990101.jpg


『み旨をやりながら病気を治すべきか、
それとも治してからみ旨に励むべきでしょうか?』
という質問に対する、李ヨハネ先生のベスト・アンサー。

今日は〆になります。
昨日の最後の部分からどうぞ。


私たちは、死んでもどうでもいい人間、つまらない人間なのです。

結局、信仰者というのは、自殺しそうだった最後の立場で、
よみがえった人のことをいうのです。
死亡線を乗り越えているのです。

その時、み言に触れ、「原理」に触れたのですが、
それだけでなく、それを受肉しなくてはいけないのです。
もう一度受肉しなければいけない。

こういう時には、こう勝利すべきだと知りながらも、それをしなかった。
だから、「原理」を応用して体恤しなければいけないのです。


それが自分の情になって、失うことがないのです。
そういう信仰は失わないのです。
体験した情は、常に自分の心に生きているのです。

観念的な信仰よりも、受肉した信仰を積み重ねていく人は、
絶対に信仰生活で疲れないのです。
絶対に疲れない!

だから年は取っても、若くなるのです。
魂が生き、霊人体は成長し、完成していくのです。
霊人体は絶対に年を取らないのです。


そういう信仰をしていないから、すぐ疲れが出てきて、病気になるのです。
体力でもって一時的には力を与えられても、
それがなくなると、訳が分からなくなってしまうのです。

それをどのように指導して味わわせるか。
経験した人がいなければ、全体の問題となってくるのです。

いわば、「こういう時にはこうして、生活の中で刺激を受けるのですよ」
と教えるのです。

だれのために私は信仰しているのか。
神の命令に従ってやっているのだという信仰をもてば、
みな刺激を受けるようになるはずです。

外的に苦労しても、苦労の中に恵みがあるはずです。
苦労させないから、外的に打たれてしまうのです。

そういう信仰路程において、信仰を味わわせようとすると、
その人は自ら「原理」の生活化を知るようになってくるのです。
そういう経験をさせなければなりません。
そうすれば、捨てられても、けっとばしても離れなくなるのです。


先生は、そういう人がたくさんいてほしいのです。
三年くらいで、その価値を知らなければならない。
つかむべきです。

それを味わわせるために、三年間は苦労させるのです。
三年間というものをみ言で体験したら、
その人と環境は発展するようになってくるのです。



こんなことを言っておられた人がいます。
「ストレスになった時、
自分で解決しようと努力したけれど、
結局病気になってしまった。
困難な時ほど、神様に祈りを捧げ、
神様に求めるべきだと思う」

どんな時にも神様を求める、
そのような信仰姿勢が重要だと思います。

ヨハネ先生によると、
お父様は、「三年間」と言っておられますが、
自分を振り返ってみると、信仰の深みを味わえるのは、
3年よりもっとかかったような。。。
いや、本当の意味で、まだわかっていないかも知れませんが。

生涯、神様と真の父母様に侍っていけるように、
これからもみ言を受肉できるように
努力していきたいと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:00 | Comment(3) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
科学者A「なあ、何で絶縁物に高周波を加えたら、誘電体損による発熱で物質を内部から加熱できるか分かるか?」

科学者B「....」

科学者A「神がその様な法則を作られたからだ。科学を追い求めるなら神を知らなくてはならぬ。つまり科学と宗教は統一されたものでなければならぬ。

神の作られたものの中に何一つとして無駄なものはない。
病気もそうだ。自然災害もそうだ。
全ての事象は神のみ業だ。
神の本質は愛であるがゆえに、全ての事柄は神への感謝へと還る」
Posted by 科学者A at 2018年08月24日 14:29

科学者A「なあ、何で絶縁物に高周波を加えたら、誘電体損による発熱で物質を内部から加熱できるか分かるか?」

科学者B「....」

科学者A「神がその様な法則を作られたからだ。神はなぜその様な法則を作られたと思うか?それは人間の為だ。人間がその法則を利用して幸せに生きる事が出来る為だ。全ては人間の為、人間を愛する為に神は天宙を創造されたのだ。ゆえに科学を追い求めるなら神を知らなくてはならぬ。つまり科学と宗教は統一されたものでなければならぬ。

神の作られたものの中に何一つとして無駄なものはない。
病気もそうだ。自然災害もそうだ。
全ての事象は神のみ業だ。
神の本質は愛であるがゆえに、全ての事柄は神への感謝へと還る」
Posted by 科学者A at 2018年08月24日 16:29
私はいつもヨブ記とイザヤ書を思い出す。

イザヤ書53:1
私たちの聞いたことを、だれが信じたか。主の御腕は、だれに現われたのか。

彼は主の前に若枝のように芽生え、砂漠の地から出る根のように育った。彼には、私たちが見とれるような姿もなく、輝きもなく、私たちが慕うような見ばえもない。

彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。

まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。

しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。

私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた。

彼は痛めつけられた。彼は苦しんだが、口を開かない。ほふり場に引かれて行く小羊のように、毛を刈る者の前で黙っている雌羊のように、彼は口を開かない。

しいたげと、さばきによって、彼は取り去られた。彼の時代の者で、だれが思ったことだろう。彼がわたしの民のそむきの罪のために打たれ、生ける者の地から絶たれたことを。

彼の墓は悪者どもとともに設けられ、彼は富む者とともに葬られた。彼は暴虐を行なわず、その口に欺きはなかったが。

しかし、彼を砕いて、痛めることは主のみこころであった。もし彼が、自分のいのちを罪過のためのいけにえとするなら、彼は末長く、子孫を見ることができ、主のみこころは彼によって成し遂げられる。

彼は、自分のいのちの激しい苦しみのあとを見て、満足する。わたしの正しいしもべは、その知識によって多くの人を義とし、彼らの咎を彼がになう。

それゆえ、わたしは、多くの人々を彼に分け与え、彼は強者たちを分捕り物としてわかちとる。彼が自分のいのちを死に明け渡し、そむいた人たちとともに数えられたからである。彼は多くの人の罪を負い、そむいた人たちのためにとりなしをする。
Posted by ジョブ at 2018年08月24日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。